食べる

【富士・色男とチャイコ】南インドの家庭料理 6種の副菜が彩る絶品カレー

なんとも面白い名前の店「色男とチャイコ」は2022年2月にオープンしたカレー専門店。1つのプレートにカレーや副菜を盛り付けた南インド風カレーが絶品でした。

静岡・富士市を走る岳南電車「吉原本町駅」から2つ目の信号を左折した先、右手にお店があります。

スパイスを使った手作りのスコーンやチャイが楽しめます。

南インドの家庭料理 副菜が彩るカレー

色男とチャイコの“自慢のアレ”は「ミールス」。

2種類のカレーと6種類の副菜がワンプレートになった南インド定番の家庭料理です。

今回は、日替わりカレー4種から店主のイチオシ「えびカレー」と一番人気の「ポークビンダルー」をチョイス。

ポークビンダルーとは、豚肉と酢を使った南インドのカレーです。

通常はワインビネガーを使用するところを、「タマリンド」という果実のペーストを使ってフルーティーな酸味に仕上げています。

ポークビンダルーは、油にスパイスの香りを移す「テンパリング」が命。

華やかな香りが口いっぱいに広がるカレーには欠かせない工程なんです。

えびカレーには、カラつきのソフトシュリンプを使用。
水を使わず、たっぷりのココナッツミルクだけで煮込んで作っています。

そしてプレートに添えられているのは南インドのカレーならでは、季節の野菜で作る6種類の副菜。

カレーと一緒に口に入れれば、様々な組み合わせで新しい味を楽しめます。

ライスには、香り高いバスマティライスを使用。炊く際に「ギー(バターオイル)」を加えることで、
スパイス香るカレーと相性抜群のライスに仕上がるんです。

ミールスはもちろん、手作りのスコーンやチャイも絶品。カフェ感覚で行ってみてください!

■店名 色男とチャイコ
■住所 富士市吉原2-13-11 中川ビル南側2階
■電話 080-3646-1818
■営業時間 〈平日〉7:00~14:00
      〈土日〉11:00~16:00
■定休 火・水

※この記事は2023年5月13日にテレビ静岡で放送された「くさデカ」をもとにしています。

毎週土曜夕方6時30分から放送中!静岡県内で話題となっているグルメ情報を番組出演者たちが徹底調査。「食」をキーワードに県内の魅力溢れる情報をお届けするグルメバラエティ番組です。