食べる

【清水区・蒲原館】70年愛され続けるしょうゆラーメン 先代の味を地元企業が継承

地元の人が足しげく通う食堂が清水区にあります。高齢で引退した先代の味を引き継ぎ、麺やトッピングのナルトなど、地元で作られた食材でつくる、昔ながらのしょうゆラーメンが絶品でした。

【画像】記事中に掲載していない画像も! この記事のギャラリーページへ

1954年に創業した「蒲原館」は、ラーメンが人気の食堂です。

2021年に先代の店主が高齢のため引退すると、この店の味を守りたいと地元企業が経営を引き継ぎました。

具だくさんのタンメンのほか、食堂時代の味を引き継いだオムライスも人気です。

昔ながらの変わらぬ一品

蒲原館の“自慢のアレ”は「ラーメン」。

地元の人々がソウルフードと認める、蒲原を代表するメニューです。

昭和を感じさせる懐かしさのあるしょうゆベースのスープは、元々のレシピを参考に先代の味を忠実に再現。

豚骨と鶏ガラ、それに煮干し、香味野菜を入れて4時間煮ています。

ラーメンのスープは、火加減を細かく調整し、沸騰させすぎないことがポイント。

これが、バランスのいいスープをとる秘訣です。

麺は地元の製麺所から仕入れたもので、トッピングのナルトも地元の練り物業者から仕入れています。

チャーシューは、地元の精肉店から仕入れた豚肩ロースをスープと一緒に煮込みます。

「ミニカレー」と「ミニ天然鮪丼」は、お店のリニューアル後に考案された新メニュー。ラーメンとセットでお得に注文できます。

カレーは、20種類のスパイスから作っている本格派です。

ミニ天然鮪丼には、ミナミマグロを使用。

赤身だけでなく、脂がのったトロも入るので、天然ならではの味が楽しめます。

丁寧に作ったスープや麺、具材へのこだわりがあるからこそ、どこにでもあるようで、ここにしかない味となっています。

■店名 蒲原館
■住所 静岡市清水区蒲原堰沢433
■営業時間 11:00~14:30
      17:00~20:00※夜は居酒屋営業
■定休 月夜
■問合せ 054-385-2233

※この記事は2024年6月15日にテレビ静岡で放送された「くさデカ」をもとにしています。

【もっと見る! 清水区のグルメ記事】

アバター画像
毎週土曜夕方6時30分から放送中!静岡県内で話題となっているグルメ情報を番組出演者たちが徹底調査。「食」をキーワードに県内の魅力溢れる情報をお届けするグルメバラエティ番組です。