ニュース

Jユースやタレント軍団を撃破…1970年代に全国優勝2回の “古豪”浜名が復活目指し 静岡

浜名高校サッカー部

1970年代に全国高校総体のサッカーで二度の全国制覇を成し遂げた“古豪”が復活を目指している。静岡県にある浜名高校だ。サッカー王国・静岡の主役の座を静岡市など県中部の高校に奪われ、20年近く全国大会に出場できなかったが躍進の気配が漂う。清水エスパルスのユースやタレント軍団・静岡学園を撃破し、波に乗っている。

静岡サッカーの勢力図が変わる?

全国高校サッカー・静岡県代表の地区別内訳

高校生憧れの舞台と言えば冬の全国選手権だ。

これまで102回の歴史を誇る伝統ある大会で、静岡県の代表は優勝11回、準優勝10回と、まさに「王国」にふさわしい活躍を見せてきた。

ただ、そのほとんどが静岡・清水・藤枝といった中部勢だった。しかし、ここ数年でその勢力図が変わるかもしれない。西部の古豪が中部の牙城を狙っているからだ。

2022年度の静岡県のタイトルは、総体を磐田東、選手権を浜松開誠館、新人戦を浜名といずれも西部勢が獲得した。選手権は2022年と2023年のベスト4が、2年連続で静岡学園・藤枝東・浜松開誠館・浜名となり、中部勢に西部勢が食い込んでいる様子がうかがえる。

全国制覇2回…プロも10人輩出

浜名高校サッカー部

2024年春、古豪の新たな門出を満開の桜も祝福してくれた。

県立浜名高校が県リーグから昇格し、プリンスリーグ東海へ15年ぶりに戻ってきた。県の高校サッカー界では上から2番目のカテゴリーだ。

OB10人がプロ選手に

浜名は2010年の南アフリカワールドカップ代表の矢野貴章 選手など、過去10人ものプロを輩出してきた県西部の古豪として知られ、全国高校総体では1970年と1974年の2回、全国制覇を成し遂げている。

内藤康貴 監督は「昔は全国大会で優勝しているし、ワールドカップに出ている先輩もいるわけで、“浜名といえばサッカー”と言われたいし、言われなければいけないという思いはあった」と話す。

就任11年目の内藤監督が話すように、輝かしい実績も今は昔。ここ10年以上はなかなか結果が出ず、古豪と呼ばれてきた。

同地区ライバルの躍進が刺激に

県総体で優勝した浜名(2006年)

公立高校とあって設備も充実しているとは言い切れず、静岡・清水・藤枝などかつてしのぎを削り合った県中部勢への人材流出に拍車がかかり、全国はおろか、2006年を最後に長らく県のタイトルから遠ざかっていた。

ライバル磐田東が県総体優勝(2022年)

ただ、2022年、同じ西部のライバルの躍進が彼らの心に火をつける。

内藤監督は「浜松開誠館の選手権全国大会出場や磐田東の県総体優勝で勇気をもらい、自分たちもやってやるんだという気持ちにつながった」と話す。

浜名は同じカテゴリーだったライバル・磐田東の快挙が大きな刺激になり、その磐田東と互角に渡り合えた 基本に忠実なサッカーでさらに自信を深めた。

タレント軍団破り新人戦優勝

野澤康佑主将

2023年1月の新人戦決勝でも全国屈指のタレント軍団・静岡学園を相手に“ボールを大事にハードワーク”する姿勢を貫き、得点を許さず1対0で競り勝った。県タイトル獲得は17年ぶりのことだ。

当時1年生だった野澤康佑 主将(3年):
自分が入った年あたりから強くなったのは、すごくうれしい。自分たちの代だけではなくて、これから浜名が10年・20年ずっと強豪校と言われるためのサッカーを全国でみせたい。浜名ってこんな強いんだって、(浜名を)全国レベルの名前にする1年にしたい

高校時代の内藤監督

「古豪復活」への手応えを誰よりも感じ取っていたのが内藤監督だ。

浜松西高の高校時代は、県の決勝で小野伸二さんを擁する清水商業に敗れるなど中部勢の高い壁に阻まれてきた。だからこそ「西部勢の力を示したい」と堅く誓い、指導者として浜名を高みへと押し上げてきた。

エスパルスユースにも勝利

津田廉大選手

そして、15年ぶりにプリンスリーグ東海に戻った2024年4月。さっそく試される舞台が巡ってきた。初陣の相手は清水エスパルスユースだ。

トップチームデビューも果たしている相手のエースに対して厳しいディフェンスで動きを封じると、後半、3年生の津田が少ないチャンスをモノにして2得点。

その後も鍛え上げられたハードワークで逆転を許さず、エリート軍団相手に価値ある勝利を手にした。

津田廉大 選手(3年):
得点王になることを個人の目標として掲げていて、初戦で2点獲れたのはすごく大きい。最高の1日になった

反撃の狼煙を上げて次々と中部の強豪を撃破している浜名は、県高校サッカー界の勢力図を塗り替えようとしている。

“古豪”から“強豪”へ

内藤康貴監督

“古豪”から“強豪”へ、地元出身者が多数を占める100人の雑草軍団は虎視眈々と牙を磨き、大輪の花を咲かせようとしている。

内藤康貴 監督:
古豪と言われているうちはまだダメだと思っている。昔、全国大会で優勝した偉大な先輩たちがサッカーで浜名を盛り上げようと頑張っていた時代に少しでも追いつくために、まずは静岡県でしっかり勝って全国大会で浜名が躍動している姿をいろんな人たちに見てもらいたい思いが強い

全国大会に進めば2006年以来18年ぶりだ。総体の県大会は3回戦で姿を消したが、選手権の県予選で浜名がどんな戦いを見せるのか目が離せない。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube