ニュース

会社経営の肩書を信用して…ロレックス2本250万円相当を騙し取られたか 被害者が語る手口とは? 静岡

2021年3月「知り合いが時計を欲しがっている」などとウソを言い、静岡県島田市の古物商の男性からロレックスの腕時計2本を騙し取った男が逮捕されました。

被害にあった男性が胸の内を明かしました。

被害にあった男性の思いは…

被害にあった古物商の男性

被害にあった古物商の男性:
詐欺とわかって2年5カ月経っているので、ずっと沸々と憤りを持っておりました

関係先の家宅捜索(焼津市)

詐欺の疑いで逮捕・送検されたのは、焼津市生まれの自称・自営業の男(25)です。

ロレックス2本を騙し取られる

実際に男に渡した腕時計(被害者提供)

騙し取られたとされるのは、ロレックスの腕時計2本です。

警察によりますと、男は2021年3月 島田市の古物商の男性に「知り合いがロレックスの時計を欲しがっている」などとウソを言い、ロレックスの腕時計2本 約250万円相当を騙し取った疑いです。

「肩書を信用してしまった」

男が乗っていた車・マセラティ(被害者提供)

被害にあった男性とは客として知り合い「会社経営者という肩書を信用してしまった」と当時を振り返ります。

被害にあった古物商の男性:
(最初に会ったのは)2019年になります。相手方は会社経営者と名乗って接触してきました。マセラティに乗って私の店に来たという1点をとっても、会社経営者ということを信用したという部分はあります

イタリアの高級車メーカー・マセラティに乗ってきたこともありました。

LINEのやりとり

男性は男が有名企業の社長と親しい関係のように振る舞う様子から徐々に信用して、ブランド品の売買を行うようになったと話します。

被害にあった古物商の男性:
相手方の知人で「ロレックスを欲しい」と言われて、世話できないかという形で相手方から提案がありました

支払はせず時計を受け取り立ち去る

イメージ

要求されたのは、当時の相場で計約250万円するロレックスの腕時計2本。

後日、店を訪れた男は「ロレックスの代金はマツモトという知り合いが、あす支払う」と話し、時計を受け取るとその場を後にしました。

被害にあった古物商の男性:
捕まった当人が全てお金の授受とか、やり取りをしていただけに過ぎないです。実際に欲しいと言って私が世話をした人間は、架空の人間だったかなと確信はしています

実際のLINE画面(被害者提供)

その後、再三に渡り代金の支払いを求めるも「義理の父が入浴中に運ばれた」「出会い頭で車に突っ込まれた」などと理由をつけてはぐらかし、結局支払いが行われることはありませんでした。

被害はほかにも…

被害にあった古物商の男性

被害にあった古物商の男性:
詐欺とわかってかれこれ2年と5カ月経っているので、ずっと沸々と憤りを持っておりました。いま自分が逮捕されたという部分を真摯に受け止めて、それに対して被害者に対してどういった対応をとるのかというのをしっかり考えてもらいたいです

被害にあった男性によりますと自称・自営業の男は他にも、ロレックスなどのブランド品を入手できると話し、被害者から代金を受け取っていながら納品していないケースがあったということです。

警察は捜査において支障があるとして、男の認否を明らかにしていませんが複数の余罪があるとみて調べを進めています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube