ニュース

【園児バス置き去り死亡事件】クラス担任の女「私がすべきだった」…被告人質問で“出欠確認”問われ

静岡県牧之原市の認定こども園で送迎バスに園児が置き去りにされ死亡した事件の裁判で、起訴されている当時のクラス担任が園児の出欠について「私が確認すべきだった」と話しました。

2022年9月牧之原市の認定こども園「川崎幼稚園」で当時3歳だった河本千奈ちゃんがバスに置き去りにされ重度の熱中症で死亡しました。

この事件で当時バスを運転していた元園長の男(74)は車内の確認を怠ったとしてクラス担任だった女(48)は保護者への連絡を怠ったとして起訴され、初公判で起訴内容を認めています。

5月15日は2回目の裁判で女への被告人質問が行われ、女は「園に出欠確認のマニュアルはなく当日も作業に追われていた」などと証言しました。

一方で、遺族から出欠確認ができたのではないかと問われると「私がすべきだった」と話していました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube