ニュース

難病で車いす生活…女子高生の願い「健常者は楽しみながら気づいて」 全国で講演やイベント 静岡

佐野夢果さん

生まれつきの難病で車いす生活をおくる女子高生が全国で講演やイベントを行っている。彼女の夢は健常者と障がい者が自然に関わりあうことができる社会をつくることだ。そのためにイベントなどで楽しみながら健常者に気づいてもらいたいことがある。

ごちゃまぜ駄菓子店のレジ担当

駄菓子店「横さんち」(掛川市)

静岡県掛川市にある駄菓子店「横さんち」。

この日は春休みとあって小中学生が続々と店を訪れ、買い物を楽しんでいた。

駄菓子店でレジ担当の佐野さん

レジを担当しているのは2024年春に高校3年生になった佐野夢果(ゆめか)さん。生まれつきの脊髄性筋萎縮症だ。筋力の低下などが起こる難病で、車いすを使って生活している。

そんな佐野さんはこの店で2022年からボランティアスタッフとして働いている。

佐野さんは「すごく楽しいし、自身が一番素でいられる場所がこのお店」と話す。

横山店長と佐野さん

この店では在宅で働く人もあわせて13人の障がいを持った人が働いている。

店長の横山博則さんは手足や呼吸をするための筋肉が麻痺してしまう、かつて日本で流行した「ポリオ」の患者だ。

障がい者の働く場所、そして健常者の子供への福祉教育の場所になればと2020年にこの店をオープンした。

店には健常者と障がい者が集う

横山博則 店長は「いろいろな人が来てくれて、“ごちゃまぜの世界”というか、そこに障がい者も健常者もいる。そういう集いあえる場所になってきていると感じている」と話す。

楽しみながら気づいて

講演する佐野さん

佐野さんはこの店で働いているほか、障がい者としての思いを伝えていこうと自身も様々な場所で講演をしたりイベントを開催したりしている。

こうした取り組みで佐野さんが大切にしているのは「楽しさ」と「気づき」だ。

直接伝えるよりも楽しみながら、体験に織り交ぜながら、いろいろな人に届く形で伝えてきたい。佐野さんが常に意識していることだという。

佐野夢果さん

佐野夢果さん:
何かを得ようと思って得た学びや気づきも大切ですが、ふとした瞬間に楽しみながら得た気づきが明日からの生活に根ざしていくと思うので、そういう気づきを生み出せる場をこれからも作り続けていきたい

車いすで道がのぼれない

車いす体験イベント

2024年4月、佐野さんは浜松市で健常者の人にも車いすに乗って体験してもらうイベントを開催した。

「赤ずきん社長」が買う商品を指示

普通の体験イベントと異なるのは、参加者がただ車いすに乗るだけではなく、佐野さんが扮する「赤ずきん社長」の指示通りの商品を買ってくることだ。

参加者は普段は何気なく通っている道で簡単にできる動作も、車いすだと助けが必要なことに気づかされていた。

段差に戸惑う参加者も

「のぼれません、助けてください」と助けを求めた参加者もいた。

参加者:
何気なく歩いている道でもかなり凹凸があって、車いすの左右の車輪ががたがた動いたり、ちょっとした段差でも転げ落ちそうになったりするので、自分の見ていない世界があると思った。当たり前のように人助けができる世の中になってくれるといいと思う

車いす体験の参加者

参加者の姿を見た佐野さんも「皆さんがすごく笑顔でいてくださったので、よかったなと思います」と主催者としての手応えを感じていた。

どんな人も安心して暮らせるように

イベントに参加する佐野さん

佐野さんが目指すのは、どんな人同士も自然と関わりあうことができる社会をつくること。そのためにも、自然な感覚の中での気づきを生み出す取り組みを今後も続けていく。

佐野夢果さん:
「車いすを体験してほしい」とか、「困っている人に声をかけてほしい」という意図はあるのですが、まず一緒に楽しむとか、誰かを楽しませる、“楽しむ”ということに重きを置いて、その結果、気づきが生み出される。あくまで目的は“楽しみながら”というところに重点を置いてやっていきたい

佐野夢果さん

高校に通いながらイベントや講演会を全国で開催している佐野さん。

大学に進学し、どんな人も安心して暮らすことができる社会を目指して活動を続けるつもりだ。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube