ニュース

稚アユの放流「大きくなって」天然のアユの遡上を補う 静岡・下田市


静岡県下田市の稲生沢川では、減少している天然のアユの遡上を補おうと地元の子供たちが稚アユを放流しました。

稚アユは体長およそ10センチであわせて3000匹を子供たちがバケツに入れて放流していきました。

小学生「元気に泳いでいてなんか楽しそうだった。」

小学生「アユをちょっとだけだったけど触れてうれしかったし、アユを見たのが初めてでドキドキした」

今年はアユの遡上が少し遅れているものの、魚影は見られるということです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube