ニュース

eスポーツでゲーム技術・表現力・企画力を磨け!障がい者の就職活動を支援 静岡

施設が導入したeスポーツと利用者

障がい者の就労支援にeスポーツを取り入れた施設がある。eスポーツの技術を磨くコースのほか、表現力や企画力を学ぶコースがある。なぜeスポーツに着目したのだろうか…導入した施設に狙いを聞いた。

「健常者と同じ土俵で戦える」

eスポーツを導入した就労支援施設

対戦形式でパズルゲームをする人たち。ここは静岡県三島市にある障がい者のための就労支援施設だ。

取り入れているのは、ここ数年 市場が急拡大しているeスポーツ。

就労支援施設の利用者

なぜ障がい者の就労支援施設でeスポーツを取り入れたのだろうか。

加和太建設ONEGAME事業部の井澤賀奈代 室長は「eスポーツは健常者も障がい者も同じ土俵で戦える。全く同じ土俵じゃなくても同じフィールドの中でスポーツができるので、垣根が少なくていろいろなことにチャレンジできる環境があると思う」と、eスポーツを選んだ理由を説明する。

3つのコースから選択して受講

施設はプロのコーチのもとeスポーツの技術を磨く「選手コース」、ゲーム実況で表現力を高める「実況コース」、ゲーム大会などの企画方法を学ぶ「イベントコース」があり、利用者は自分の好きな分野を選んで学ぶ。

平日午前10時から午後4時まで1回50分の講座を実施し、eスポーツを通して関連企業への就労や社会復帰を支援している。

「しゃべることができる」

一瑳さん

選手コースの一瑳(いっさ)さんは、精神的な障がいから昼夜逆転の生活となり外に出ることも少ない状態だった。まずは生活リズムを取り戻したいと、4月から通い始めた。

一瑳さんは「伊豆に住んでいるので(三島市の施設まで)電車で来ないといけない。電車で来るために朝早く起きないといけないので、生活のリズムがよくなると思う」と効果に期待する。

一瑳さんはeスポーツができることだけでなく、施設に魅力に感じている。

一瑳さん:
人としゃべることができるのは最大のメリットだと思う。もう一度学校に通いたいと思っているので、まずは生活態度を改めていきたい

業界就職や編集技術の向上めざし

竹蔵さん

同じく選手コースの竹蔵さんは以前は別の就労支援施設に通っていたが、そこでの生活が合わず、この施設に移ってきた。以前は朝 体調を崩すことが多かったが、施設に来てからは減ったそうだ。現在はeスポーツ業界への就職を目指している。

竹蔵さん:
(eスポーツは)いち視聴者としてずっと見ていたので、あまりそこで働くイメージはないが、足掛かりになったらうれしい

千優さん

マイクを手にする男性は、実況コースを受講する千優さんだ。

実況コースはゲーム実況を行い、自分で動画を編集、動画サイトにアップしてゲームの面白さを伝える。

千優さんは「特撮映画を作っているみたい。『こうやってやったらおもしろいし、カッコいいだろうな』と思って編集することが面白い」と話す。

利用者の表情に手応え

井澤室長(右端)らスタッフと利用者

障がいを持った人たちが自分のペースで学べる就労施設。担当者は利用者の状態が少しずつ良くなっていくことに手応えを感じている。

加和太建設ONEGAME事業部・井澤賀奈代 室長:
「今までの自分が通っていた就労支援施設とは全く違う」「こんな雰囲気のところ初めてだ」ということで、(利用者の)表情が変わるんですね。 ここをまず学びの場として、次に本格的に就労、一般企業への就職に繋げていきたい

健常者も障がい者も関係なくプレイできるeスポーツ。障がい者の活躍の場を広げることが期待されている。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube