ニュース

「怖いのでやめて」外国人観光客の迷惑行為にドライバーも困惑…国道を横切り中央分離帯で富士山撮影

中央分離帯から富士山を撮影する人たち

富士山に登るように見える階段がSNSなどで外国人観光客に人気となっている。

その場所は静岡県富士市の国道にあるが、中には国道を横切って中央分離帯に入り撮影する迷惑行為も目立ち、ドライバーは「いきなり横切られても怖いのでやめてほしい」と訴えている。

“富士山に登る”ような「夢の大橋」

富士山夢の大橋(富士市)

富士山に向かって続くように見える階段。

写真の撮り方によってはまるで富士山を登っていくようだ。

車道に沿う歩道の階段が話題に

富士市内を走る国道139号線の「富士山 夢の大橋」。富士山の眺望が素晴らしいことから開通の際に市が名称を公募し、この名前が付けられた。

この場所が2023年末頃にSNSなどで発信されると富士山の撮影スポットとして人気を博し、外国人観光客がたくさん訪れている。

富士山夢の大橋

取材した平日の5月8日もタクシーに乗るなどして外国人観光客が訪れていて、タクシー運転手も「(外国人観光客を乗せることは)ここのところ毎日あります。土日は外国人ばかり」と証言する。

中国からの観光客

外国人観光客に尋ねると「上海(から来た)。中国と日本のSNS(で知った)。こちらはすごく富士山が大きい」と返ってきた。

中央分離帯から撮影する人も

記者の取材中にも駐車違反

記者が取材をしていると、外国人観光客と見られる人たちが駐車禁止の場所に車を停めて橋を登っていった。

住民によると、橋の近くにあるアパートでは住人の外出中に無断で駐車場に車を停められ困っているそうだ。

中央分離帯で撮影する人

問題となっているのが駐車違反だけではない。

5月5日夕方に橋を通った車のドライブレコーダーには、橋の中央分離帯で写真撮影する人が映っていた。この中央分離帯は将来の拡幅に備え広めにとってある。

歩道から車道を横切って中央分離帯へ

ただ、その中央分離帯に行くには橋の歩道から車道を横切らなければ行けない。横断歩道があるわけでもなく、国道を横切るのは非常に危険な行為だ。

道路脇に置かれたコーン

中には橋の上に車を停めて撮影する人もいて、駐車したり道路を横断したりできないよう現在は道路脇にコーンが置かれている。

この道路をよく利用する人は「写真を撮るのは構わないが、中央分離帯の方に行って座ったり立ったりして撮影するのはいかがなものか。日本の交通ルールからしても危ないし、車を運転していて(道路を)いきなり横切られても怖いのでやめてほしい」と訴えている。

「橋に散歩に行けなくなった」

橋の近くの住民

さらに、駐車違反や道路への飛び出しに加えゴミのポイ捨てや騒音もあり、近所の住民も頭を悩ませている。

住民は「(外国語で)『写真を撮っているので通ると邪魔になる』と言われているのだと思う。だから橋はもう散歩に行けなくなった」と嘆く。

橋の前で撮影する人たち

また、「撮影の際に大きな声で会話して怖い」という苦情も市に寄せられている。

富士山を入れた構図にしようとすると、撮影者と被写体が十数メートルほど離れるため「右」「左」と大きな声で指示しているのだろうか。

山梨県のコンビニでも問題に

山梨県・富士河口湖町

外国人観光客の殺到は山梨県富士河口湖町のコンビニでも問題になっている。

富士山と青い看板を一緒に収めようと大勢の外国人観光客が集まり、コンビニ周辺では道路への飛び出しやゴミのポイ捨てなどが問題になった。

町は向かいの歩道からコンビニと富士山が撮影できないよう大きな黒い幕で覆い隠すことにしている。

市は駐車場確保や看板設置

市は看板や柵を設置

住民とともに困惑しているのが地元の富士市で、想定していなかった場所に外国人観光客が殺到しているからだ。

富士市交流観光課・松村岳典 課長は「観光地として整備した橋ではなく生活道路なので駐車場もない。違法駐車が多いということで苦情が当初からたくさんきている」と話す。

富士市は国と協議をして、使っていない土地を早急に借り駐車場4台分を確保した。

また、駐車禁止やマナーを記した多言語の看板や柵も設置。対策を施しながら外国人観光客との共生を目指ざしている。

富士山夢の大橋

富士市観光交流課・松村岳典 課長:
(住民が)不安に思うのはまさにその通りと思うので、まずは地元の区長たちと話しながら、今できることをやるしかできない。どういう状態がベストなのかを地域に住んでいる方の声を聞きながら進めていきたい

富士山ブームの今、地元住民の安心と理解を得ながら外国人観光客との共生を両立させる対策が求められている。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube