ニュース

川勝知事が退任 独自のアイデアと強い発信力で共感を得る一方で発言炎上で批判も多かった15年 静岡

川勝知事

15年間にわたり静岡県政をけん引してきた川勝平太 知事が5月9日に退任しました。強い発信力で人気を集めた一方、発言が批判を浴びることもありました。これまでの県政運営を振り返ります。

独自のアイデアで県政に新風

川勝平太知事(2009年)

川勝平太 知事(2009年・就任式):
(皆さん)やる気満々ですか?イエス。これで行きましょう。静岡県の顔として、バッジに、日本一の富士山に恥じぬようしたいと思っています

2009年、静岡では初めて学者出身で知事に就任した川勝知事。

川勝平太 知事(2009年):
日本一の『ふじのくに』、これを創って参りたいと

静岡を日本の理想郷「ふじのくに」にすると訴え、独自のアイディアで県政に新たな風を吹き込みました。

津波避難タワー

川勝平太知事(2011年・被災地視察):
これは本格的に考え直さないといけない。津波が来ると根こそぎ持っていかれる

2011年、東日本大震災が起きると沿岸部に津波避難タワーを急ピッチで整備。新東名を活用した内陸部の活性化など防災にも力を注いできました。

富士山

2013年には富士山が、2015年には韮山反射炉が世界遺産に登録。独自の人脈を生かして、大型イベントの誘致にも成功しました。

独自の言葉は舌禍も招き

川勝平太知事

一方で…

川勝平太 知事(2013年):
これ(学力テスト)が最低というのは先生の授業が最低だということ

川勝平太 知事(2016年):
静岡市は私は政令指定としては失敗事例だったと

独自の言葉は軋轢を生み、たびたび舌禍を招きました。

川勝平太知事:(2021年)

川勝平太 知事(2021年):
命の水を守るために、水源である南アルプスを守らないといけないということで、私たちは立ち上がっている

リニア問題をめぐっては大井川を「命の水」と表現し、JRや国に強い姿勢で臨み続けました。

川勝平太知事(2018年バンコク)

川勝平太知事(2018年・バンコク):
静岡県知事です。日本の中央にあります。そして富士山があります。おおおお!

批判と共感を呼んだ15年

川勝知事(2024年)

県政のかじ取り役として歩んだ15年間。

川勝知事の新しい発想と独自の政策、そして強い発信力は、様々な批判や共感を呼び、県政への関心も高まりました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube