ニュース

【静岡県知事選】「県民の手に県政を」 大村慎一 候補に党派を超えて大勢の議員が応援にかけつける

静岡県の川勝平太 知事が4期目の途中で辞職することにともなう県知事選挙が、5月9日に告示されました。15年ぶりに新しい知事が誕生する選挙となります。過去最多となる新人6人が立候補の届け出を済ませ、17日間の選挙戦が始まりました。

立候補したのは、届け出順にいずれも新人で諸派の横山正文 候補(56)、共産党の森大介 候補(55)、無所属の鈴木康友 候補(66)、無所属の大村慎一 候補(60)、無所属の村上猛 候補(73)、無所属の濱中都己 候補(62)の6人です。

選挙戦はリニア問題への対応や浜松市の野球場整備、また、人口減少対策や産業振興策などについて論戦が交わされる見通しです。

元副知事の大村慎一 候補は、まず静岡市葵区で出陣式を行いました。

掲げてきた”オール静岡”を裏づけるように市長や町長をはじめ、党派を超えて大勢の議員たちが応援にかけつけました。

大村慎一 候補:
対立と分断が渦巻き物事が進まない、決められない。こうした県政から、県民不在の県政から県民の手に県政を取り戻したい

大村候補は約1500人の支援者を前に、混乱する県政を人生をかけて立て直したいと訴えました。

そして、官僚経験で培った行政能力を生かし、リニア工事や野球場などの課題を県民の声を丁寧に聞いて解決することを約束しました。

大村慎一 候補:
私は皆様のために先頭に立って汗をかいて、静岡県をもう一度誇り高き県にできるよう全力で頑張ります

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube