ニュース

【静岡県知事選】「混迷する県政を立て直す」鈴木康友 候補は馴染みの薄い沼津市で出陣式

静岡県の川勝平太 知事が4期目の途中で辞職することにともなう県知事選挙が、5月9日に告示されました。15年ぶりに新しい知事が誕生する選挙となります。過去最多となる新人6人が立候補の届け出を済ませ、17日間の選挙戦が始まりました。

立候補したのは、届け出順にいずれも新人で諸派の横山正文 候補(56)、共産党の森大介 候補(55)、無所属の鈴木康友 候補(66)、無所属の大村慎一 候補(60)、無所属の村上猛 候補(73)、無所属の濱中都己 候補(62)の6人です。

選挙戦はリニア問題への対応や浜松市の野球場整備、また、人口減少対策や産業振興策などについて論戦が交わされる見通しです。

前の浜松市長の鈴木康友 候補は馴染みの薄い沼津市での出陣式。

地元選出の渡辺周 衆議院議員や頼重 沼津市長など支援者 約300人が集まりました。

鈴木康友 候補:
衆議院2期5年、市長4期16年この経験を全部注ぎ込んで混迷する県政を立て直し、さらに静岡県を発展させるため全力で取り組んでいきたい

強くアピールするのは豊富な経験と実績。

企業誘致をはじめとした市長時代の産業政策を全県に広げていくと訴えました。

服装は「自然体」をテーマに、Tシャツにジャケットを羽織ったスタイル。

東・中・西それぞれの地域性を生かしながら、県民の幸福度向上を目指します。

鈴木康友 候補:
皆さんと一緒にがんばる”幸福度日本一の静岡県”を一緒につくろうではありませんか

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube