ニュース

【静岡県知事選】「リニアと原発を許さず県民の暮らし最優先」森大介 候補は11年ぶりの共産党独自候補

静岡県の川勝平太 知事が4期目の途中で辞職することにともなう県知事選挙が、5月9日に告示されました。15年ぶりに新しい知事が誕生する選挙となります。過去最多となる新人6人が立候補の届け出を済ませ、17日間の選挙戦が始まりました。

立候補したのは、届け出順にいずれも新人で諸派の横山正文 候補(56)、共産党の森大介 候補(55)、無所属の鈴木康友 候補(66)、無所属の大村慎一 候補(60)、無所属の村上猛 候補(73)、無所属の濱中都己 候補(62)の6人です。

選挙戦はリニア問題への対応や浜松市の野球場整備、また、人口減少対策や産業振興策などについて論戦が交わされる見通しです。

共産党公認の森大介 候補は知事選では11年ぶりの党の独自候補です。

出陣式には衆議院議員の本村伸子 議員をはじめ、支援者が約80人が集まりました。

森大介 候補:
リニアと原発を許さず県民の暮らし福祉最優先。希望の持てる県政へと県政を大きくチェンジをしていきます

4月に就任したばかりの党の県委員長を務めながらの選挙戦。

リニアの建設や浜松市の野球場計画、さらに浜岡原発の再稼働など注目される3つの県政の課題について反対し、他の候補との考えの違いを鮮明にしています。

森大介 候補:
リニアよりも環境と水、浜岡原発再稼働”ノー”を掲げる唯一の候補。県民の皆さんの願いに応える私、森大介をぜひともよろしくお願いいたします

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube