ニュース

【静岡県知事選】鉢合わせも?浜松まつりで立候補予定者3人が各町内会の陣屋にあいさつ回り

連休中の静岡県内最大のイベント・浜松まつりの会場には、静岡県知事選の3人の立候補予定者の姿がありました。3人は各町内会の陣屋などであいさつ回りを続けていました。

ゴールデンウィーク後半初日の5月3日、知事選の立候補予定者3人は浜松まつりの凧揚げ会場を訪れました。

「“やらまいか精神”が流れている」

大村慎一 氏

初子のお祝いに参加し、自らも肩車をされて盛り上がるのは大村慎一 氏(60)。

大村慎一 氏:
私の祖母が浜松(出身)なので私にも「やらまいか精神」が流れているので、凧揚げ会場に来ると血湧き肉躍るものがあります

大村氏(左)と鈴木氏(右)

浜松まつり仕様の名刺を配り、市民の声に耳を傾けるとともに各町内会を回っていると…。

知事選への立候補を予定している鈴木康友 氏(66)と鉢合わせ。

「まつりが終わると私の決戦が始まる」

鈴木康友 氏

そんな鈴木氏も市長を4期16年務めたホームグラウンドで、あいさつ回りを続けていました。

鈴木康友 氏:
まつりが終わると私の決戦が始まります。絶大なる支援を賜りますようお願いを申し上げます

5年ぶりに制限のない完全開催となった会場で、市民からの激励の声を受けていました。

鈴木康友 氏:
ここは僕が住んでいる地元中の地元なので、温かく応援をいただき力をもらいました

「味も素っ気もない名刺ですが…」

森大介 氏

一方、浜松市の市議会議員などの案内で凧揚げ会場を回ったのは共産党の森大介 氏(55)です。

森大介 氏:
森と申します。共産党のいま(県)委員長をやっていて、味も素っ気もない名刺ですがよろしくお願いします

名刺を手渡すとともに、プロフィールや政策が書かれたビラを配り篠原地区の県営野球場などについて自身の考えを市民に訴えました。

森大介 氏:
県民世論を結集して県政を変えていく。そういう立場でがんばりたい

立候補予定者が6人に

6人の立候補予定者

知事選では3人のほかに、政治団体代表の横山正文 氏(56)、そして7日に会見を開いた村上猛氏(73)と濱中都己 氏(62)が立候補する考えを表明しています。

知事選は5月9日に告示され、26日に投開票が行われます。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube