ニュース

県内広い範囲で雨 雨雲の発達や停滞により警報級の大雨となる恐れも…土砂災害などに注意 静岡

5月7日の静岡県内は前線や低気圧の影響で広い範囲で雨が降っていて、夕方にかけ激しい雨も予想されており、土砂災害などに注意が必要です。

前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、県内は広い範囲で雨となっています。

降り始めからの雨量は浜松市天竜区熊で60.5mm、浜松市中央区で41.5mmなどとなっています。

夕方にかけては雷を伴った激しい雨が降るところもあるとみられ、8日朝までの24時間に降る雨の量は多いところで100mmと予想されています。

気象台は雨雲が予想よりも発達した場合や停滞した場合は、警報級の大雨となる可能性があり土砂災害や低い土地の浸水に注意するよう呼びかけています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube