ニュース

【静岡県知事選】大村慎一 氏「1日も早く復旧できるよう努力したい」土石流被災者に寄り添う姿勢を示す

5月26日に投開票される静岡県知事選挙の告示まであと1週間です。立候補予定者の動きが活発となる中、大村慎一 氏は2日 土石流災害があった熱海市の伊豆山地区で被災者から話を聞きました。

自民党県連から推薦を受けている大村慎一 氏。2日午後は熱海市の伊豆山地区を訪れました。

土石流災害の被災者は大村氏に復旧が進まず地域に戻って来れない被災者がいることを説明し、下水道などの早期復旧を要望しました。

大村氏は復旧について「被災者の要望をしっかり聞いて、それを行政の中でこなしていくことが基本」だと述べ、被災者に寄り添っていく姿勢を示しました。

大村慎一 氏:
まだ、戻ってらっしゃらない方が多くいるわけで、できるだけ早く復旧する事が、もといた方々が戻ってくるよすがにもなるので 1日も早く復旧できるよう努力をしていきたい

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube