ニュース

【裏金問題】離党勧告の塩谷議員「まずは説明を聞きたい…」

自民党の派閥の政治資金問題をめぐり安倍派の座長を務めた塩谷立議員に離党勧告の処分が出されました。塩谷議員は「党の説明を聞いたうえで結論を出したい」と話しています。

茂木 幹事長:
39名に対する処分の審査でありまして、離党の勧告塩谷立・世耕弘成両議員。

4日午後4時過ぎから始まった自民党の党紀委員会は、派閥の政治資金をめぐる問題で塩谷議員を、参院のトップだった世耕議員とともに「離党勧告」とすることを決定しました。

「離党勧告」は自民党の処分では8段階の2番目に重い処分です。

離党勧告の処分をメールで受け取ったという塩谷議員は報道陣の取材に応じ、「まずは処分の理由について説明を聞きたい」と話しました。

塩谷 立 議員:
非常に厳重な処分で誠に残念だと思っております。
(Q重すぎる?)私の関与してきた状況ではそうだと思っています。
まずは説明をお伺いして、それから地元の後援会の皆さま方とも相談していく必要があると思っていますから、そういうことをやったうえで結論を出していきたいと思っています

また、一連の問題について真相解明には至っておらず、さらに調査が必要だと語りました。

塩谷 立 議員:
どなたがこれを決めてこれを指導してきたか、まったくわかっていない。そこが一番問題だと思う今回解明するには党なり国会なりしっかり調べてもらいたい

また、塩谷議員の処分について自民党静岡県連の増田幹事長は「状況を確認した上でしっかりと対応していきたい」と話していました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube