ニュース

川勝知事「不十分な言葉遣いで心を傷つけた」 辞意表明の理由はリニアと”職業差別”発言 静岡

4月2日、突如として辞意を表明した静岡県の川勝知事。一夜明けた3日、知事は会見を開き、職を辞すると述べた真意についてリニア問題を大きな要因としてと挙げました。

ただ、「私の不十分な言葉遣いによって人の心に傷をつけた」と不適切発言も理由のひとつと認めています。

辞意の一番の理由はリニア

川勝平太知事(4月3日)

川勝平太 知事:
一番大きかったのはリニアです。私は4期目はリニアの南アルプストンネル工事から南アルプスの水と生態系・環境こうしたものをいかに守るかということに心を砕いて参りました

3日午後3時半。2日に辞意を表明した真意についてこのように述べた川勝知事。

川勝平太知事(4月1日)

始まりは4月1日行われた県の入庁式で新入職員を前にした訓示での一言でした。

川勝平太 知事:
静岡県庁というのは別の言葉で言うとシンクタンクです。毎日毎日、野菜を売ったり、牛の世話をしたり、あるいはモノを作ったりということと違って基本的に皆さんは頭脳知性の高い方たちです

職業差別とも受け取れる知事の発言に県庁には苦情が殺到しました。

川勝平太知事(4月2日)

こうした中、2日夕方、取材に応じた川勝知事は「職業差別はしていない」と述べたうえで「職種が違う」ということを言っただけと釈明しました。ところが最後に突如として…

川勝平太 知事:
どうしたらいいかと思っていてよく考えたが、準備もありますから6月の議会をもってこの職を辞そうと思っております

しかし肝心の理由については言及を避けました。

県議会にも衝撃

各会派を回る川勝知事

突然の辞意表明に大きな衝撃が走ったのは県議会です。

川勝知事は3日、議長や各会派に対して自らの口で辞職する意向を報告しました。

中沢公彦議長

静岡県議会・中沢公彦 議長:
27年の開通を断念ということで一定の目途が立ったので辞任というのは、なんでそれが任期途中で辞めないといけないことにつながるのか、さっぱり意味がわからなかった

増田亨大代表

自民改革会議・増田亨大 代表:
県政にとってはある意味緊急事態。知事も言っている通り対立構図が県民に本当に迷惑をかけてきたことはあると思うので、できるならばオール静岡で新しい知事を誕生させ新しい県づくりに向けたいいスタートを切るのが理想

田口章会長

ふじのくに県民クラブ・田口章 会長:
これまで川勝県政15年間やってきたことは決して間違っていなかったと思っていますので、川勝知事の作ってきた「ふじのくにづくり」をさらに高めていくにふさわしい後継者がいるとしたら、会派としても積極的に関わっていきたい

蓮池章平団長

公明党県議団・蓮池章平 団長:
決して自分は悪いと思っていなかったということだったので、その流れの中であの発言が出てきたということについて非常に驚きを持って受け止めている

角山雅典会長

また、知事が初めて知事選に立候補した時から支援を続けてきた労働団体・連合静岡は…。

連合静岡・角山雅典 会長:
知事が辞任されるということで経済界の中でも空白の時間ができやしないかという懸念は当然持っています

不適切発言も大きな理由

川勝平太 知事(4月3日)

こうした中、3日午後3時から臨時会見を開いた川勝知事は、辞職の大きな理由にリニア問題をあげました。

川勝平太 知事:
リニアの問題をこの任期中に決定するということがあった。しかし一方で、県議会も私の言動が一因になり政局絡みで動くことが常態化して、「これは何とか解決したい」と思っていた。報道にあるように知事選についての会合が持たれたりしている。そうすると、どうしてもこれは政局絡みになる。

これは私が原因の1つを作っているわけですからどういう風にしたら解決できるかということは常々考えてはいた。(リニアが)大きな区切りを迎えたというのが、今回ここで辞表が出せるという風に至ったことでございます。ですから、この2~3か月で大きく動いた、リニアの問題で大きく動いたというのが、ここで仕事が一段落したということで辞表を提出することになった理由です

川勝平太 知事(4月3日)

また、訓示での発言は撤回しないとした上で、辞職を決める一因になったことを明らかにしています。

川勝平太 知事:
私と心を1つにしているあるいは1つにしたいと思っている方々の心を傷つけたということがあったならば、特に第一次産業、農業・酪農・水産業、これは最も大事にしてきた産業であり、そういう方の心を傷つけたとすれば誠に申しわけなく心からお詫び致します。

私の不十分な言葉遣いによって人の心に傷をつけたということですね。これはやはり大きいです。意図せざる形で人が傷ついていると皆さんのご指摘、県議会・県民のご指摘によって知ったので、これは気付いていなくて言われて気付くということですから、ここは大きく反省するべきことだと、これが繰り返されているということもありまして ひとつの大きな辞任の理由ですね

静岡県議会議場

川勝知事は6月定例会初日となる6月19日に辞職したい考えを明らかにしていますが、自民改革会議は県政の停滞させないためにも6月議会を待たずして辞職するよう求める方針で他の会派にも呼びかける考えです

菊地幸夫弁護士

-理解するのが難しい突然の辞意表明だったように感じますが?

菊地幸夫 弁護士:
そうですね、本当の理由がどこにあるのかわかり難いですよね。リニアが理由と言うけれど、それなら何故途中で辞めるのかわからないです。責任を問われて辞めるのではなく、きれいに整えるためにリニアを理由にしていると勘ぐってしまいますね

永井学特別解説委員

テレビ静岡・永井学 特別解説委員:
議会側も大きなショックを受けています。とにかく突然の辞意表明であり、6月辞任ということからすると時間がない中、知事選挙に向け急ピッチで水面下の動きが出てくるはずです

県議会にとっても大きな衝撃が走った川勝知事の電撃辞任ですが、県民にとっても大きな戸惑いが広がっているようです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube