ニュース

安倍派・塩谷座長に離党勧告へ…8段階で2番目に重い処分 政治資金問題で岸田総理が方針決める 静岡

自民党の派閥の政治資金をめぐる問題で、塩谷氏の処分について岸田総理は「離党勧告」とする方針を決めました。

岸田総理は自民党の派閥の政治資金をめぐる問題で、4月2日に国会内で麻生副総裁と茂木幹事長、それに森山総務会長と会談するなど処分を巡る協議を重ねました。

関係者によりますと安倍派の座長の塩谷氏は、参院のトップだった世耕氏とともに8段階の処分で2番目に重い「離党勧告」を科す方針が決まったということです。

派閥幹部でなかった議員なども含め39人の処分を4日の党紀委員会で決定する方針です。

一方、野党は「実態が明らかでないのになぜ処分できるのか」などと批判しています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube