ニュース

サッカーに次ぐ人気スポーツ?大会を富士山周辺で開催のワケ 数学に強いIT大国に熱い視線 静岡

富士山周辺で開かれたクリケット大会

競技人口がサッカーに次いで世界で2番目に多いスポーツ・クリケットの大会が静岡県で開かれた。参加したのは首都圏で働くインド人などのチームで、富士山を眺めながらプレーを楽しんだ。クリケットは特にインドでは国民的人気がある。大会を主催した静岡県はそのインドに熱い視線を向けている。

選手に静岡県の魅力をPR

クリケット大会(2024年2月・富士市)

静岡県内ではあまり見かけないスポーツ・クリケット。2024年2月、静岡県が富士市でクリケットの大会を開いた。

企業で人手不足が慢性化する中、県内にインドの企業やインドの人材を誘致するのが狙いだ。

首都圏で働くインド人が参加

クリケットはイギリス発祥で、世界ではサッカーに次いで2番目に競技人口が多いスポーツと言われている。

日本では馴染みの薄いスポーツだが特にインドでは国民的人気があり、プロリーグには年収30億円を超える選手もいる。

県職員が選手に静岡県をPR

大会に参加したのは首都圏のIT系企業のクリケットチーム8チーム約70人で、ほとんどがインド人だ。

主催した県の担当者はプレーの合間に動画などを見てもらい、静岡県は東京から静岡が近いことや専用のグラウンドで富士山を眺めながらクリケットを楽しめること、また、食やレジャーにも恵まれていることなどをアピールした。

クリケット大会の参加者

クリケット大会の参加者は「富士山がきれいで温泉とか食べ物がおいしく、みんな来るのが好きです」と静岡県を評価する。

ただ、「東京を離れると給料が下がることが気になる」と話す人もいた。

人口世界一のIT大国を狙え

インド

人口14億人を超える大国インド。静岡県は2024年度の当初予算にインド訪問団の派遣やインドと県内企業とのマッチングなどの経費を計上し、インド系企業・インド人材の誘致を積極的に進める。

今なぜインド人材なのだろうか。

静岡県地域外交課・小関克也課長

静岡県地域外交課の小関克也 課長は「インドは中国を抜いて人口が1位になった。人口が多く経済発展が進んでいて、優れた学力の学生もたくさんいるのではないか。IT大国で数学についても3ケタの掛け算ができる方が多いので、優秀な方々にぜひ静岡に来てほしい」と、インドに着目する理由を語る。

日本のカレーは「全然違う」

ゾーホージャパン川根本町サテライトオフィス

既に静岡県に進出しているインド系企業もある。

クラウドで顧客管理システムなどの販売やサポートを手がけるインド系のIT企業、「ゾーホージャパン(ZOHO)」だ。 

休業中の温泉旅館を活用し、2018年4月に川根本町にサテライトオフィスを構えた。

光回線のネットワークが町内全域に整備されていることが進出の決め手となった。

ゾーホージャパンのインド人スタッフ

スタッフ9人の内6人がインド人で、パソコンによるシステムのサポートが主な業務だ。

インド人スタッフは現地の大学で機械工学を学ぶなどスキルは高く友好的だが、日本で生活する上での問題は意外なところにあった。

インド人スタッフの食事に問題

ゾーホージャパン管理統括部・新川靖文さんによると、一番の問題は食事だったという。

横浜のレストランから講師を招き近所の人にカレーを勉強してもらったが、インド人スタッフからは「全然違う」と不評だったそうだ。

専属のインド人シェフを雇用

このため、ゾーホージャパンは専属のインド人シェフを雇い、毎日3食インド料理を提供している。調理に当たってはインドのスパイスや米を取り寄せていて、新川さんは「食事(インド料理)さえあれば特に問題はない」と話す。

「静かな環境が大好き」

会社の食堂

食事は日本人スタッフと一緒だ。バドミントンやテニスなど地域の人たちとの交流の話題で楽しく進む。

取材した日のランチはインドの伝統的な料理・ビリヤニとヨーグルトサラダだった。

インド人スタッフ

インド人スタッフは「川根本町は静かなので大好き。インドはそんな感じではない。静かな環境が大好きなので、とてもうれしい」「本物の富士山を見てうれしかった。インドにいる時はビデオや本で見たことあるけど」と、日本で働いての感想を話す。

スズキ(本社・浜松市)の車が多い

インドでは浜松市に本社を置くスズキの車が町を席巻しているが、静岡県によると県内に住む外国人約11万人の内インド人は700人程度で決して多くない。

習慣や食文化の違いなど難しい面はあるものの、企業のデジタル技術を通じた変革が進む中、優秀な人材を静岡県に誘致するためには静岡県の立地条件や魅力、働きやすさをいかにアピールしていくかが今後のカギとなりそうだ。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube