ニュース

イタリア家具の見本市でグランプリ獲得!3Dプリンターで廃棄素材をデザイン性高い家具や花瓶に再生 静岡

グランプリを受賞した家具と3Dプリンター

静岡市の企業が設計などに関わった3Dプリンターで作成した家具がデザインの本場イタリアでグランプリを獲得した。ロボットと3Dプリンターが合体したような機械だというがどんなマシーンなのか…そして開発者の思いとは。

3Dプリンターで廃棄素材を再生

3Dプリンター

機械の先端から押し出される樹脂。樹脂を一層一層重ね、様々なものをつくり出すのは3Dプリンターだ。

スマホのスタンド

30分かけて完成したのはスマホを置くスタンド。さらに同じ機械からは植物と同化したような花瓶も作られた。

この3Dプリンターは捨てられたプラスチックなどを原材料として使用できる特殊なプリンターだ。

YN2-TECH(タイ・バンコク)

タイの首都バンコクにあるYN2-TECH。静岡市清水区の機械商社・中村機工の現地法人だ。

打ち合わせ中の中村社長

タイ語で社員と打ち合わせをするのは中村亮太 社長。

工作用機械の設計支援や販売などが主な事業だが、いま新たな取り組みを始めている。

それは特殊な3Dプリンターの開発だ。

デザイン性の高い製品作りが可能

特殊な3Dプリンター

中村社長は「成形機とロボットと3Dプリンターの合体したような機械になります」と説明してくれた。

コンセプトは捨てられたプラスチックのリサイクルを推し進めることだそうだ。

YN2-TECH

3Dプリンターの開発会社エクストラボールドが発案したアイデアを中村社長の会社が機材の調達や設計などを担って実現した。

ムラが出やすい廃プラスチックを加えた樹脂でもムラなく造形できるプリンターを開発した。

台座が動く3Dプリンター

また、下の台座が動く特殊な構造を採用し、細かい動きを可能にすることでデザイン性の高い製品作りを可能にした。

茶葉や畳も再利用

お茶の香りがする花瓶

さらに原料として食品の残りかすなども配合できるという。

こちらの花瓶には使用済みのお茶の葉が使われていて、製品からはお茶の香りがする。
「ほうじ茶のような香りがする」と記者が言うと、中村社長が「乾燥させたお茶っ葉が練り込まれています」と説明してくれた。

製作中の3Dプリンター(提供:Extrabold×HONOKA)

この3Dプリンターで作られた作品は世界で評価されつつある。

使わなくなった畳を細かくしてつくった原料。 

緑の樹脂を重ねて完成したのは滑らかな曲線が特徴的なテーブルだ。

グランプリを受賞したテーブル

このプリンターでデザイナーが作ったテーブルが2023年、イタリアの家具見本市「ミラノサローネ」のデザインコンテストでグランプリに輝いた。

中村社長は「廃棄された材料から価値の高い製品を生み出すアップサイクルが目標」と言う。

中村亮太 社長:
皆さんの心に響くものになれば間違いなく「いっぱい増産してください。買いますから」って話になって、そうなることで付加価値を増やしていくアップサイクルができるんじゃないかと思います

「社会を変えていくお手伝いを」

工作機械の展示商談会(バンコク)

環境意識が高まるタイでもこうした取り組みは注目を集めている。

この日、中村社長が参加したのは首都バンコクで行われた工作機械などの展示商談会だ。

展示会で商談中の中村社長

開発した3Dプリンターの価格は1台2000万円と高額な値段だが、日本やタイの企業など様々な企業の担当者が興味を示し このイベントだけで4台を受注した。

さらに、プリンターのコンセプトを発案した工業デザイナーがイベントでスピーチするなど高い注目を集めていた。

原雄司 社長

エクストラボールド・原雄司 社長:
日本以上にASEAN地域は廃プラとかリサイクルの問題が大きい。気軽にリサイクルできる仕組みとしてこういったシステムの普及というのは単純に機材が売れて利益が出るだけではなくて、社会還元、社会貢献になるのではないかと思いますね

中村亮太 社長

中村機工・中村亮太 社長:
安定した大規模なこのグリーンクリエイティブを広げていける取り組みをしていかないといけない。社会を変えていけるようなお手伝いができればなと思っています

3D プリンター

今後は、バンコクのショッピングモールでもプリンターで作られたテーブルなどを販売する計画を進めているそうだ。

取り組みがどこまで広がるか…期待と注目が集まっている。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube