ニュース

「自然の力…しょうがない」 恒例の桜まつり開催も見頃には程遠く 川沿いで野菜や果物を販売 静岡

静岡市葵区にある足久保地区では恒例の桜まつりが開かれました。

まだ見頃にはほど遠い状態ですが、100本近いソメイヨシノが植えられた安倍川沿いでは地元で採れた野菜や果物、それに特産のお茶などが販売され、訪れた人たちが買い物を楽しんでいました。

主催者・志村渡さん:
3月になったら寒かったもんですからね、だいぶつぼみのままで。これも自然の力…しょうがないですね

主催者はこうしたイベントが「地域の活性化や子供たちの思い出作りにつながってくれれば」と話していました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube