ニュース

”春の嵐”でマンションの足場が傾く 高齢女性あおられケガ…救急搬送 記録的大雨も 静岡

発達した低気圧の影響で静岡県内は”春の嵐”となり、 伊豆では一時、土砂災害警戒情報が発表されたほか、風の影響などで鉄道では運転の見合わせもありました。

発達した低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、静岡県内は3月としては記録的な大雨となりました。

伊豆の6つの市と町には土砂災害警戒情報が発表され、南伊豆町や伊東市の一部には避難指示が出され、それぞれ1カ所ずつ避難所が開設されました。土砂災害警戒情報の解除とともに避難所も閉じたということです。

また、雨や風の影響で新幹線や東海道線、それに伊豆急行などでは一部区間で列車の運行を見合わせ、駅では係員に問い合わせる人の姿もありました。

駅を訪れた女性:
どうしてもきょう(東京へ)行かなきゃいけないので、ちょっと(状況を)確認するために寄ったんです

熊崎結萌アナウンサー:
こちらのマンションの足場は風の影響でしょうか…傾いており、今にも倒れそうな状況になっています

静岡市駿河区では足場が傾き、業者が周囲に被害が出ないよう対応に当たり、警察官も付近を車や歩行者が通らないよう呼びかけていました。ケガ人はいないということです。

建物の中にいた人:
(当時は)風の音がすごくて職員でスタッフ会議をしていましたが、外をみんなで「何が起こったの」と見るくらい轟音がした

また、県や沼津市によりますと沼津駅北口のロータリーを歩いていた70代の女性が風にあおられ近くのポールに頭をぶつけ救急搬送されました。命に別条はないということです。

気象庁によりますと最大瞬間風速は石廊崎で26.9m、三島で26.6mを観測しています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube