ニュース

【リニア】2027年開業を断念…最速2034年か 川勝知事は協力約束するも専門部会の開催見通し立たず

リニア中央新幹線の実験線

リニア中央新幹線の開業時期について、これまで「2027年の開業は極めて困難」との認識を示していたJR東海ですが、3月29日に静岡工区が着工できていないことを理由に「2027年の開業は実現できる状況にはない」と初めて明言しました。

静岡工区の工期は概ね10年と想定されていて、このため仮に今すぐに着工できたとしても開業は2034年以降となる見通しです。

JR東海の表明を受け静岡県の川勝平太 知事がコメントを発表しました。

この中で、川勝知事は「静岡工区以外の工区は2027年までに完了できるということなので、その状況をしっかり確認した上で、どのような活用をしていくべきかを期成同盟会において考えていきたい」と言及こそしていないものの、持論である部分開業を匂わせています。

ただ、静岡工区の着工見通しが立たないことから、JR東海の丹羽俊介 社長は1月の定例会見の際に「静岡工区の状況を踏まえて品川・名古屋間の各工区の進捗を確認しつつ、工事全体の進め方について検討を始めた」と述べていて、JR東海が静岡工区以外の工区について2027年までに完了できるとの認識を示したことはありません。

また、川勝知事は「静岡工区の完了が2034年以降になることがわかったのは非常に重要である」と評した上で、「リニア中央新幹線の整備推進と大井川の水資源及び南アルプスの自然環境の保全との両立に向けて、JR東海との対話を出来る限り速やかに進めていく」とコメントしていますが、県の地質構造・水資源部会専門部会は2023年8月を最後に、生物多様性部会専門部会は2023年10月を最後に開かれておらず、現在のところ次回の開催の見通しも立っていません。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube