ニュース

「幅広い仕事を知って」鉄道の仕事を体験 レールの傷やゆがみを測定 静岡・浜松市

鉄道の仕事を体験するイベントが静岡県の浜松科学館で開かれていて、子どもたちの人気を集めています。

このイベントは春休みに合わせJR東海が浜松科学館と開いており、車両や線路設備の保守作業など館内で貴重な体験をすることができます。

3月28日は線路を守る保線の体験会が開かれ、子どもたちはJR東海の社員からレールの役割やゆがみの測り方を教わったり、超音波でレールの中の傷を探したりして鉄道の安全を守るための仕事を学んでいました。

参加した子供:
超音波で傷をいろいろ測ったところがおもしろかった

参加した子供:
貴重な体験ができて楽しかった

イベントは31日まで日ごとに内容を変えながら実施し、担当者は「鉄道に関わる幅広い仕事を知ってもらい親しみをもってもらえたら」と話していました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube