ニュース

【紅麹サプリ問題】静岡県内で被害疑われる患者が6人に 県が緊急会議を開き情報共有

小林製薬の紅麹の成分を使ったサプリメントを使用し、28日 新たに2人が死亡していたことがわかりました。静岡県内でも同じサプリを使用し、健康被害が疑われる患者が新たに5人増え、計6人となりました。

小林製薬の紅麹の成分を使ったサプリ「紅麹コレステヘルプ」をめぐっては、使用した人に健康被害が相次いでいて、これまでに4人が死亡し106人が入院しています。

県内でも同じサプリを使用し、健康被害が疑われる患者が新たに5人増え、計6人となりました。

こうした中、県は28日午前 関係する部署が参加して緊急会議を開き、現在把握している情報を共有しました。

県内の保健所には「サプリを飲んでいたがどうすればよいか」など不安の声が複数寄せられていて、今後も情報収集と健康への影響の調査を続ける方針です。

県 衛生課・太田智恵子 課長:
健康障害のある方として疑う方については国へ報告する事案としますが、調査しながら精査しています

県は回収命令が出ている3つの製品の使用中止と、健康に不安がある場合は医療機関や保健所に相談するよう呼びかけています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube