ニュース

地震で孤立が心配…住民の願い 苦い記憶は46年前にも 能登半島とそっくりで募る不安 静岡

伊豆大島近海地震で寸断された国道135号(1978年・東伊豆町)

能登半島の地震では土砂崩れなどで24の地区が孤立した。地理的に似ている静岡県伊豆半島も地震で孤立が予想される地区が44カ所ある。特に近くの海域を震源とする46年前の地震で孤立を経験した東伊豆町の住民は不安を募らせる。自治体は孤立を想定した対策を急ぐ。

道路寸断で孤立 支援に遅れ

能登半島地震では24地区が孤立

2024年元日に発生した能登半島地震。

発生直後に救助活動に向かった消防は道路の寸断によって活動を思うように進められなかった。

道路が寸断された結果、3000人以上が孤立した。自衛隊が徒歩で食料などを届けたが、支援に遅れが出た。

被災地に派遣された静岡県の消防士

静岡県から応援に入った消防士たちは「かなりの道路が寸断されており、行くまでにかなり時間を要した」「自分は東日本大震災や熱海土砂流でも出動したが、それ以上に現場に到着できないような状況だった」と振り返る。

孤立を想定し現地調査

能登半島と伊豆半島

甚大な被害があった能登半島北部と地理的に似ている伊豆半島南部。周囲を海に囲まれ山がちで、到達できる道路が限られている地区が多数ある。伊豆半島は大地震によって6つの市町の44の地区で孤立のおそれがある。

県や自衛隊の現地調査

2024年2月から静岡県は自治体・自衛隊・消防などと合同で、孤立するおそれがある地域の調査を始めた。

この日は伊豆半島東海岸に位置する東伊豆町で現地調査が行われた。

東伊豆町を走る国道135号

隣接する市町と結ぶ主要道路・国道135号線は片側が山、反対側が海に面していているところがある。東伊豆町では2つの地区が道路の寸断によって孤立するおそれがある。

県や自衛隊の現地調査

自衛隊が活動拠点とする候補地やヘリポート、それに避難所などの状況を調べた。

自衛隊は炊事場を設ける設備が整っているかなどを町職員に質問。自炊ができるのであれば炊き出しなどの支援活動もできる。

災害時のヘリポート(東伊豆町)

道路が寸断されると海や空からの支援が必要になるがヘリポートに課題が見つかった。

静岡県賀茂地域局の担当者は「孤立集落では平場の確保が難しいが、きょう見た2カ所のヘリポートも十分な広さがない。空からの応援が難しい部分があるが、できることは改善できれば」と感想を漏らす。

46年前の地震で孤立

東伊豆町大川地区

土砂崩れにより孤立するおそれがある東伊豆町の大川地区。365世帯659人が生活している(2024年2月時点)。

土砂崩れで寸断された国道135号線

1978年1月に起きた伊豆大島近海地震。最大震度5を観測し、伊豆半島東岸を中心に死者・行方不明者26人、負傷者139人、建物は全半壊600棟余りの被害が出た。

この地震で東伊豆町の国道135号線が土砂崩れで寸断され、大川地区も孤立状態となった。

住民「山間部に道路を作って」

地区の住民は「大きな地震が起きれば能登半島と同じような状況になると思う。地形的にもそっくりですよ。山があって海があって」と不安を口にする。

また、大川地区には医師がいないことから孤立すればケガ人なども治療を受けることが難しくなるため、住民は「孤立しないような道路を山間部につけてほしい」と訴える。

孤立の危険があっても…

大川地区で和菓子店を営む稲葉さん

この地区で70年以上続く菓子店「清月堂」。店主の稲葉敏章さん(72)は伊豆大島近海地震も経験していて、「(能登半島地震と)同じような地震が起きたら、もっと(被害が)ひどくなるのでは」と心配する。

自宅や店舗に防災食などを備える稲葉さん。孤立の危険があっても、生まれ育ったこの地を離れることは考えていない。

稲葉敏章さん

稲葉敏章さん:
(店は)私の代で終わってもいいから私は生まれたところにいたい。よそへ行っても何もできないと思う。ここにいれば知っている人もいるし商売も成り立つ

孤立のおそれがある伊豆半島南部。

この地区に住み続ける人たちのためにも、ヘリポートの整備など孤立してもしっかり対応できる備えが求められている。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube