ニュース

開国に貢献した「唐人お吉」命日 お吉まつり開催 静岡・下田市


幕末、日本の開国に貢献した「唐人お吉」こと「斎藤きち」の命日となる27日、静岡県下田市で「お吉まつり」が開かれ、お吉が一生を終えた「お吉ヶ淵」で法要が行われました。

お吉は幕末に、日本の外交のためアメリカ総領事のタウンゼント・ハリスのもとに送られ開国に貢献した一方、晩年は酒で身を滅ぼし、下田市のお吉ヶ淵から身を投げ一生を終えました。

27日はお吉ヶ淵のほとりで観光関係者が参加して法要が行われ、お吉が眠る宝福寺の住職がお経を唱えた後、参加者が献花と夫婦に見立てた2匹の鯉を放流して、冥福を祈りました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube