ニュース

サクラエビの春漁始まる 「不漁から脱したとは言えないが よい兆し」関係者は今後に期待 静岡

”駿河湾の宝石”とも称される特産のサクラエビの春漁が始まり、静岡市清水区にある由比港では26日朝、初競りが行われました。

26日朝早く、由比港ではピンク色に輝くサクラエビがぎっしりと詰まったケースが並べられるとさっそく仲買人が大きさや質を確かめます。

仲買人:
始まりとして多めな感じでいい

そして午前5時半過ぎ。

初競りが始まると威勢のいい掛け声と共にサクラエビが次々と競り落とされ港は活気づきました。

初日の水揚げは19トンと2023年の半分程度でしたが、水温が低く天候不順の中でも20トン近くが獲れたことから、関係者は今後に期待を寄せていました。

由比港漁業協同組合
宮原淳一 組合長:
エビの大きさが全部そろっていて、きれいなエビが揚がったというのが第一印象

由比港漁業協同組合
大石達也 専務理事:
これをもって不漁から脱してよくなったと一概には言えないが、よい兆しであることは確か

初日の平均価格は15キロあたり5万344円と、2023年より1万8000円近く上回りました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube