ニュース

【袴田事件】「赤みは残らない」“犯行着衣”の血痕について弁護側の3人の専門家が再審公判で見解 静岡

死刑判決が確定した袴田巖さんのやり直しの裁判は25日に引き続き専門家への証人尋問が進められました。長期間みそに漬かった衣類の血痕の赤みは残るのか。弁護側の専門家3人は「赤みは残ることはない」と主張しています。

1966年、当時に静岡県清水市で一家4人を殺害したなどとして死刑が確定した袴田巖さん(88)について、2023年10月に再審・やり直しの裁判が始まりました。

再審では事件の1年2カ月後、みそタンクの中から見つかった犯行着衣とされる衣類の「赤い」血痕について、長期間みそに漬かっても赤みは残るのか、黒く変色するのかが争点となっています。

25日、証言台に立った検察側の専門家は「赤みが残る可能性を否定できない」とする見解を示しています。

弦間彩華アナウンサー:
再審公判最大の山場となる証人尋問が2日目を迎えました。きょうは血痕が赤から黒へと変色するメカニズムについて弁護側の専門家が法廷で証言します

一方、26日証言した弁護側の専門家3人はいずれも「赤みは残らない」とする見解を述べています。

旭川医科大学・奥田勝博 助教:
大気中や血液に含まれる酸素に触れることで黒く変色する。1年以上みそ漬けされた血液に赤みが残ることはありません

旭川医科大学・清水惠子 教授:
赤みが残ることは普遍的な科学現象から逸脱していて、その稀な事象が起きたとする過去の文献や実証実験は見当たらない

北海道大学・石森浩一郎 教授:
血痕であろうと血液だろうと、みそに含まれる水分があれば変色は進む。赤みが残ることはあり得ない

専門家の証言を聞いた袴田さんの姉・ひで子さんは…

袴田巖さんの姉・ひで子さん:
(弁護側の専門家は)赤みが残らないと的確に答えているし、検察側は「赤みが残る」ということを引き出そうと無理というとおかしいが、大変苦労して質問していた

27日は検察側と弁護側双方の専門家5人へ同時に尋問をする「対質」が予定されています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube