ニュース

川勝知事「切り取りが問題」 不適切発言めぐる追及受け不快感 謝罪や撤回はしない考えを明らかに 静岡

川勝知事「切り取りが問題」と不快感

川勝知事の定例記者会見(3月26日)

静岡県の川勝平太 知事が女子サッカーチームとの面会の中で不適切な発言を複数回した問題で、知事は26日、謝罪や撤回をしない考えを示した上で「切り取りが問題」と不快感を滲ませました。

川勝知事をめぐっては3月13日に行われた面会の席で、藤枝東高校について「サッカーをするために入ってきている。学校もボールを蹴ることが一番重要なこと。勉強よりも何よりも」と評したほか、女子サッカーチームの本拠地が磐田であることを念頭に「磐田というところは文化が高い。浜松より元々高かった」と述べました。

また、この面会では「サッカーはサムライブルー。野球は侍ジャパン。侍というが、それは礼儀正しく、潔い。スポーツでいえばフェアプレイ・スポーツマンシップが身に付いている。やっぱり男の子はお母さんに育てられるし、お母さんが(そうした部分を)持っている」と性別による役割を決めつけるかのような発言も口にしていて、県議会からも苦言を呈されています。

こうした中、川勝知事は26日の定例会見で、「脈絡を考えれば話の意図や趣旨は伝わっているはず」と強調しました。

川勝知事:
切り取りというのが問題だと思います。(発言が)切り取られて「お母さんが子供を育てるという(性別による)役割分担のことを言っているんだ」と言われるとそれは間違い

その上で、一連の発言について謝罪や撤回はしないとの考えを示す一方、「誤解を招く発言であったことは反省している」と述べています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube