ニュース

焼け跡から出火原因がなぜわかる? 証拠を“血眼で探す”消防・火災調査係の執念 静岡

火災調査のスペシャリスト・近江達彦消防士

静岡県で発生する火災のうち約1割は原因が不明や調査中だという。火事の前の様子が想像できないほど変わり果てた焼け跡から、どうやって出火原因を特定するのだろうか。火災調査のスペシャリストの消防士が、そのノウハウを教えてくれた。

消防士歴13年の火災調査のプロ

静岡県内の火災

消防庁のまとめによると、静岡県内で2023年1月から9月の間に発生した火災は711件。
このうち原因不明や調査中の火災は72件で約1割を占める。

近江達彦消防士

火災を未然に防ぎ、予防していくために、日々 原因の調査に奔走する消防士がいる。

消防士歴13年。静岡市消防局予防課 火災調査係の近江達彦 消防司令(38)だ。

近江さんは「調査をする上で原因を決めて(調査に)入ってしまうと、その原因がなかった場合どうしようということになってしまうので、視野を広く持って、いろいろな原因と考えられるものを落とさないようにすることが大事」と調査の心構えを話す。

近江達彦消防士

近江さんは静岡市内の消防署を経て消防庁の消防研究センターに出向。

主任調査官として2年間、火災調査に関する知識と技術を学び、2024年3月現在は静岡市消防局の火災調査係として勤務している。

大規模火災で出動 火災調査車両

静岡市消防局の火災調査車両

2019年11月、静岡市駿河区の東名高速で橋げたの補修作業中に発生し11人が死傷した火災。近江さんは実況見分や鑑識作業を担当した。

こうした大規模な火災の現場に出動する時に使用するのが専用の火災調査車両だ。

火災現場での活動

車内には現場の状況を整理し、原因につながる手がかりを探るための機材が積まれている。

木造の建物が焼けると木くずが重なったり、壁のモルタルが崩れたりして、堆積物がかなり多い。

火災調査車両の装備品

そのため、火災調査車両には発掘に使う資機材を搭載している。

持ち運び型のマイクロスコープや樹脂を溶かして分解するためのヒートガン、それに超音波カッターなどだ。

火災現場で作成する図面

建物がすべて燃えて焼け跡の形がわからないような時にはその場で図面を作る。関係者から話を聞いて、もともと部屋がどんな状態だったのか、何が置いてあったのか再現する。

タバコなど火元になりそうなものは赤で、電化製品は青で色づけし、少しずつ火元の状況を明らかにしていく。近江さんたちはこの図面で火災前の部屋の状況を頭に入れ焼け跡の現場に入る。

コンセントのほこりで出火

電気ストーブのコンセント火災を再現

一方で現場の調査だけでは原因が特定できないこともある。

近江さんたちは 日々火事を想定した検証実験を行い、原因調査の精度を高めている。

実際に検証実験をもとに原因調査を再現してもらった。

ほこりのついたコンセントから出火

検証実験では延長コードと電気ストーブが用意された。コンセントとプラグの間には大量のほこりがたまっている。

出火10分後にストーブは転倒

ほこりが湿気を帯びてプラグの刃の間で火花放電を繰り返しやがて出火する、いわゆるトラッキング現象。このトラッキング現象による火災を想定し、焼け跡から電気的な異常があったことを証明するための証拠を探す。

火が出てから約10分で燃え広がり、ストーブの脚が溶けて倒れた。

出火原因につながる証拠を探す

燃えたストーブをX線透過装置に

分析は県内で唯一、静岡市消防局だけが所有する火災調査室で行われた。現場から持ち帰った手がかりをもとに火災の原因を調査する施設だ。

燃え残った電気ストーブをX線透過装置に入れ、目に見えない内部の異常を探る。

燃えたストーブのX線画像

すると、モニター画面で先端が丸くなっているものが確認できた。

近江さんは「丸くなっているものは電気が原因で溶けたと考えられる。一瞬にして高温になって溶けるので球状になる」と教えてくれた。

解体して原因につながる証拠を探す

ほかにも電気的な異常をうかがわせるものがないか探す。

異常があったと思われる場所を傷つけないように、周辺の炭化物の解体に取りかかる。ヒートガンを使って周りの樹脂を溶かしながら、電気配線がどのように配置されていたのかを明らかにしていく。

ちぎれたコードの先端は球状

そして、延長コードの切れている部分で先端が丸く光沢のある球状の痕跡を見つけた。近江さんは「これは電気的にスパークした痕跡」と説明する。

微小な粒も証拠に

その周りについていた樹脂にも小さな粒々があった。測ってみると粒々の直径は約0.5ミリで、肉眼でかすかに見えるほどの大きさだ。

近江さんは「これ1個探すのに現場でみんなで血眼になって探すこともあります」と現場の苦労を話す。

折れた差し刃の顕微鏡写真

さらに、延長コードのタップからは差し刃が折れた状態で発見された。こちらも顕微鏡で拡大してみると曲線を描いて折れているのが確認できる。

近江さんは「溶けだしたような跡があるので、そこに熱がかかって折れたと考えられる」と分析する。

電気的な異常が発生したことを裏付ける確かな証拠を見つけ出すことができた。

原因究明を予防につなげる

火災調査係の上司(左)と

ともに火災調査係として活動する上司は「火災調査に関して静岡市消防になくてはならない存在。プロフェッショナルな域に達していて、必ず何かの原因を見つけ出してくれる心強い部下」と、近江さんに大きな信頼を寄せている。

近江さんが大切にしているのは「火災で悲しむ人を減らしたい」という思いだ。

近江達彦消防司令

静岡市消防局・近江達彦 消防司令:
火災が発生した理由を火元の方は気になると思う。なぜ火災が起きたのか、これからどうすればいいのかと。そういう心情も考えて、原因の究明がなるべくできるように尽力している。次の火災が防げるような広報などもしていけたらと思う

静岡市消防局に火災の原因を特定するための知識を持った火災調査係は近江さんも含めた3人。年間約80件の調査依頼がある。

「やり直しがきかない作業であると同時に、現場に残された残留物には必ず出火の原因につながる要素があり、可能性を1つ1つ当たっていくことが大切」

近江さんはこうした思いを胸に火災の原因調査にあたる。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube