ニュース

能登半島地震で引退を覚悟した高校生が全国大会出場 目標「日本一」に込めた思い 静岡

能登高校ソフトテニス部

能登半島地震で寮などが被災し部活動ができなくなった石川県立能登高校ソフトテニス部の生徒たちが、静岡県御殿場市での合宿を終えて全国大会に臨む。地震直後は部活動引退も覚悟した生徒もいたが、周囲に支えられ地区予選を勝ち抜いた。目標は「日本一」。それにはワケがある。

被災で寮やテニスコートが使えず

御殿場市に到着した能登高校の生徒たち(2024年3月)

2024年3月4日、御殿場市役所に到着したのは、石川県立能登高校ソフトテニス部の生徒23人だ。能登半島地震で被災し、寮での生活や部活動ができなくなった。

2024年1月1日に発生した能登半島地震。最大震度7を観測し、能登高校のある能登町も震度6強だった。

寮が使用不能に

能登高校の校舎自体の損傷はそれほど大きくなかったが、ソフトテニス部の多くの部員が生活する寮が甚大な被害を受けたほか、テニスコートは自衛隊が活動拠点として使用した。

このためソフトテニス部は石川県の加賀市や交流のあった三重県の高校で合宿を続けてきた。そして、3月28日からの全国大会に向けた合宿地として御殿場市が受け入れた。

富士山の麓の街で「日本一」めざす

部員を受け入れた宿泊施設

被災地に入っていた御殿場市内のボランティア団体が能登高校の窮状を知って市に伝え、市がスポーツ設備の整っている宿泊施設「時之栖(ときのすみか)」に協力を依頼した。市と宿泊施設は災害時の協力協定を結んでいる。

宿泊施設から富士山が見える

御殿場に到着した部員たちは「部活動ではみんなと一緒に毎年の目標である日本一に向けてみんなで頑張っているので、御殿場の人たちには感謝しかない」「こんなにいい環境を支援していただいたので、勉学と部活動を一生懸命励みたい」と話していた。

御殿場市・勝又正美市長

受け入れた御殿場市の勝又正美 市長も「頭の中は大変な故郷を思う気持ちもあると思いますが、少しでも癒しや安らぎも感じて、練習も一生懸命にやり富士山に負けない日本一の優勝を勝ち取っていただきたい」と激励した。

ソフトテニス部の練習

合宿先「時之栖」は宿泊施設のほか、テニスコートやフットサル場などを備えていて、東日本大震災の後にはサッカーのエリート育成校「JFAアカデミー福島」が拠点として活動していた。宿泊と食事、そして、練習環境は御殿場市が無償で提供する。

能登高校とつなぎリモート授業

授業は能登高校の教室とオンラインでつないでリモートで行われ、ほかのクラスメートと同じペースで学習できる。

恐怖の体験 あきらめかけた部活動

穴水町

明るくふるまう生徒たちだが、自宅などが被害を受けた生徒も少なくない。

元日の能登半島地震で、石川県では災害関連死を含め241人が死亡、けが人は1429人、建物被害は9万6000棟余りだ(2024年3月時点)。

地震発生時に男子主将の鳥竹柊生(とうい)さんは家族と一緒に地元・穴水町の神社にいた。1回目の揺れはそれほどでもなかったが、2回目に今までにないような揺れを感じ、鳥居が崩れたり近くの建物が崩れたりしたそうだ。

男子・鳥竹柊生主将

橋が崩れて自宅に戻れなくなり、神社が海から近かったことから家族や地域の人と一緒に高台に逃れ、3日間 車中泊の生活を強いられた。

鳥竹主将は「地震が何度も来たりして(車中泊の)3日間は眠れなかった」と振り返る。

女子・竹口陽菜主将

女子主将の竹口陽菜さんは高校のある能登町の出身だ。

全壊している家がほとんどで電柱も倒れ、自宅も亀裂が入り雨漏りしたそうで、「今までとは違う光景」だったという。

竹口さんは「地震があった時はもうこのまま引退かなと思ったけど、先生たちがいろいろな計画を立てて、部活ができる環境を作ってくれた」と振り返る。

監督たちの尽力で全国切符

北信越大会は男女とも準優勝(2024年2月)

監督たちの尽力により三重県の高校で合宿ができるようになり、2024年2月の北信越大会は男女ともに準優勝して、全国への切符を手にした。

練習を見守る平監督

平武監督:
高校生の中で何回もチャレンジできるチャンスではないので、ぜひ出場させてあげたいという思いだった。北信越大会の時は「みんなでプレーできる喜びをかみしめながら一戦一戦 戦いましょう」と声をかけました

能登高校はソフトテニスの強豪校だ。2013年の全国高校総体では、男子ペアが準優勝、男子団体が3位になった。地元開催の2021年の全国高校総体でも、男子ペアが3位になっている。

中学生に指導

御殿場市での合宿中は地元の中学生と交流会をして、サーブやレシーブのコツなどを指導した。

普段の練習とは違った雰囲気の中で改めてテニスの楽しさを感じたようだ。

鳥竹主将は「みんな、緊張感を一回リフレッシュさせることができた。教える立場になって練習するのは楽しいです」と話し、交流会は自分たちにとっても思わぬメリットがあったようだ。

故郷と支えてくれた人たちのために

全国大会に向けた壮行会

放課後は練習漬けの毎日、目指すのは日本一だ。それは自分のためだけではない。

全国大会は3月28日から30日まで名古屋市で開かれ、男女とも地区予選を勝ち抜いた36校が出場する。全国大会を前に24日壮行会が開かれた。

勝又正美 市長が「みなさんの姿は故郷の希望の光になる」と激励すると、選手たちも大会への意気込みを語った。

鳥竹柊生主将

能登高校ソフトテニス部女子
竹口陽菜 主将:
仲間と共にテニスができる喜びを忘れず、自分たちのテニスができるように全力で戦ってきます

能登高校ソフトテニス部男子
鳥竹柊生 主将:
今まで支えてくれた人たちに感謝をし、1回戦を勝ち、優勝目指して頑張ります

能登高校ソフトテニス部の部員たち

石川県の被災地では2024年3月時点で8000人余りが1~2次避難所で暮らしている。仮設住宅に住む被災者も多い。

「今も避難所にいる人たちや家がなくなって仮設住宅に入っている人たちに、少しでも元気を与えられるようにしたい」

故郷への思い、そして御殿場市など受け入れてくれた人たちへの感謝を胸に、能登高校ソフトテニス部は富士山の麓の街から日本一を目指す。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube