ニュース

【袴田事件再審】「必ず赤みを失うとは言えない」“犯行着衣”血痕で検察側専門家 弁護側は“ねつ造”指摘

死刑判決が確定した袴田巖さん(88)のやり直しの裁判は、25日から専門家に対する証人尋問が始まりました。長期間みそに漬かった衣類の血痕の赤みは残るのか、検察側の専門家は「必ず赤みを失うとは言えない」と主張しました。

衣類に残っていた「赤い」血痕

犯行着衣とされる“5点の衣類”

1966年当時の静岡県清水市で、一家4人を殺害したなどとして死刑判決が確定した袴田巖さんについて、2023年10月から再審・やり直しの裁判が行われています。

再審では事件の1年2カ月後にみそタンクの中から見つかった犯行着衣とされる衣類の「赤い」血痕について、弁護団は「長期間みそに漬かれば赤みは残らず、衣類はねつ造」と主張してきました。

静岡地裁

25日は「赤みが残る可能性がある」と主張する検察側の専門家2人に対して、検察官・弁護士そして裁判官が質問する証人尋問が行われました。

「必ず赤みを失うとは言えない」

タンク内

九州大学・池田典昭 名誉教授:
1年以上みそに漬けられた血液に赤みが残ることは絶対にないが、赤みが残っていたなら特殊な要因があったに違いない。その要因を証明せずに「ねつ造」と決めつける弁護側の主張には違和感を感じる

久留米大学・神田芳郎 教授:
麹によってタンク内の酸素は極めて短時間で消費される。酸素濃度が低いと色の変化は阻害されるため必ず赤みを失うとは言えない

「検察側専門家は何も実験していない」

角替清美 弁護士

「血痕の乾燥具合や酸素濃度など色の変化を阻害する要因があったにもかかわらず、弁護側は必要な実験や検討を尽くしていない」と主張した専門家に対し、弁護側は…

弁護団・角替清美 弁護士:
(検察側の専門家は)何も実験していない。ズームで7人で3回井戸端会議やって、勝手な意見を書いていて(弁護側の)清水・奥田教授は何回も実験している。ケチがつけられたら何回も実験やって、それで話をしているのに

静岡地裁

公判は26日も開かれ、赤みは残らないとする弁護側の専門家3人への証人尋問が行われます。

“証拠のねつ造”を指摘

5点の衣類

袴田さんの死刑を確定した判決では、5点の衣類を「犯行着衣」と認めましたが、再審開始の決定では「ねつ造の疑い」を指摘しています。

この5点の衣類について、検察側は「赤みが残る可能性がある」と主張していて、「弁護側の実験などは酸素濃度なども検討すべきだ」と指摘しています。

一方で、弁護側は「1年以上みそに漬かれば赤みが残るはずはなく、証拠のねつ造だ」と主張しています。

26日は弁護側の証人3人への尋問がおこなわれ、27日には5人全員を同席させての尋問「対質」がおこなわれます。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube