ニュース

浜岡原発の再稼働にむけ原子力規制委員会が現地調査 過去の津波高を堆積物から確認 静岡

静岡県の浜岡原発の再稼働に向けた審査を進める国の原子力規制委員会は、25日 浜岡原発を訪れ、過去に遠州灘沿岸で発生した津波の高さについて確認する現地調査を行っています。

浜岡原発は現在運転を停止していて、3号機と4号機は再稼働に必要な新しい規制基準に適合しているか審査が進められています。

発生しうる最大の揺れとなる「基準地震動」については概ね了承されていて、25日は発生しうる最大の津波「基準津波」の策定に必要な津波堆積物を調査するため、地質学者で原子力規制委員会の石渡明委員が訪れました。

石渡委員が確認したのは6000年前から2000年前の津波堆積物で、中部電力が原発の敷地内や遠州灘沿岸部4つのエリア、39カ所で行ったボーリング調査で採取されました。

過去にどの高さまで津波が来たか分かるもので、中部電力は歴史記録と合わせ「推定される過去の津波の高さは5mから10mである」と説明しました。

原子力規制委員会・石渡明 委員(地質科学者):
発電所の敷地内にそういう堆積物が現在実際に存在する。それが本当に津波の堆積物なのか、それとも別のイベント、津波ではない堆積物でそういうものが堆積しているということも十分にありえるので、しっかりとそこの所はいろいろなデータを出してもらい判断したい

原子力規制委員会による浜岡原発の現地調査は今回が3回目で、26日も行われます。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube