ニュース

コロナ禍乗り越え門出の日「学びの喜び一層感じた」静岡大学の卒業式


静岡大学・静岡キャンパスの卒業式が行われコロナ禍での学生生活を経験した卒業生が門出の日を迎えました。

静岡大学・静岡キャンパスでは2023年度、学部生と大学院生合わせて1361人が卒業を迎えました。

式では日詰一幸学長が各学部の代表に学位記を渡したあと、卒業生の代表が学生生活を振り返り謝辞を述べました。

教育学部卒業生・爲實薫さん:コロナ禍で1人静かに学ぶことを経験したからこそ、他者と語り明かすことでしか得られない学びの楽しさや喜びを一層感じることが出来ました

新型コロナの影響で制限された学生生活を送った卒業生たち。友人とともに式を迎えた喜びを噛みしめながら未来への決意を新たにしていました。

卒業生:嬉しい気持ちです(コロナ禍で)入学式できなかったので、卒業式ができて良かったです

卒業生:食品関係の会社に内定を頂いている。日本の食を支えられるような人材になれればいいなと思っています

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube