ニュース

「最もふさわしい方に」静岡県知事選挙に向け自民党県連幹部が意見交換 


自民党静岡県連は23日会議を開き、2025年に予定されている県知事選の候補者擁立に向け国会議員や県議が意見交換しました。

2回目となる23日の会議には県内選出の国会議員や自民党県連の役員、それに幹事長を経験した県議たちが出席しました。

会議は非公開でしたが来年の知事選に向け現時点で候補者として名前が挙がっている複数の人物についての情報共有や意見交換が行なわれたということです。

自民党県連・城内実会長:最もふさわしい方に知事になっていただくためにも、自民党だけで決めるのではなく色々な方から色々な意見を聞きながら進めていこうということで、私は前進があったと思う

また、いわゆる裏金問題を巡り安倍派に所属していた議員の次期衆院選での対応については今後党本部の処分などを踏まえて判断していくことで一致したということです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube