ニュース

交通死亡事故や勤務手当の不正受給…教諭3人を懲戒処分 静岡県教育委員会


静岡県教育委員会は交通死亡事故や勤務手当の不正受給などで小学校と高校の教諭あわせて3人を懲戒処分にしたと発表しました。

停職1カ月となったのは県東部の小学校に勤める37歳の男性教諭で2022年、通勤中に前方不注意で道路を横断していた女性をはね死亡させました。
男性教諭は罰金50万円の刑事処分などを受けています。

また虚偽の申告で勤務手当などを不正に受け取った高校の男性教諭を減給処分に、児童から預かった彫刻刀の代金を紛失するなどした小学校の男性教諭を戒告処分としました。

県教委による教職員の処分はこれで2023年度、21件となりました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube