ニュース

ごみ処理有料化条例案 賛成多数で可決 指定ごみ袋の価格に処理手数料を上乗せへ 浜松市議会


浜松市議会では22日、ごみの減量を目指し家庭ごみの処理の有料化に関する条例改正案について採決が行われ、賛成多数で可決されました。

浜松市は現在の指定ごみ袋の価格に上乗せする形で1リットルあたり1円の処理手数料を徴収することを盛り込んだ条例の改正案を、市議会2月定例会に上程していました。

22日は採決を前に改正案について討論が行われ、実施時期を明記していない条例案に対して「急ぐべきではない」と反発する声が上がりました。

一方で「ごみの減量による環境負担が低減する」などといった理由から、賛成する意見もあり、採決の結果賛成多数で可決されました。

有料化の時期については決まっておらず、社会情勢やごみの減量状況を踏まえて、市が2028年度まで毎年判断していくということです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube