ニュース

【独自】防犯カメラは見た!わずか1分半の犯行…野菜の無人販売で売上金ドロボー 料金箱壊され 静岡

19日、静岡県牧之原市の野菜の無人販売所で料金箱が壊され売上金が盗まれました。防犯カメラは犯行の一部始終を捉えていました。

白髪の男が…

視聴者撮影

19日午後1時半頃、牧之原市の無人販売店に帽子をかぶった白髪の男が訪れました。

胸のポケットから何か細長い道具を取り出します。

視聴者撮影

そして野菜には目もくれず料金箱をあさり始めました。

周囲を気にしたり、車が通り過ぎると野菜を触ったりする様子も確認できます。

料金箱のお金をポケットに…

視聴者撮影

そして、取り出したお金をズボンのポケットに…。

わずか1分半ほどの犯行でした。

フタが壊れた料金箱

無人販売所に残ったのはフタが壊れた料金箱。

店によりますと売上金4000円余りが盗まれたということです。

「生活の足しにしていたのに…」

被害にあった男性

被害にあった男性:
夕方残った野菜と代金を回収しに来たところ料金箱のフタが壊れていた。入っていた金額も出した金額もぜんぜん少ない。「あれ、おかしいな」となり盗難があったと

男性は1年ほど前からここで野菜の無人販売をしており、野菜が盗まれたことは数件ありましたが現金が盗まれるのは初めてだったということです。

被害にあった男性:
細々と無人販売をやっていますが、それで生活の足しにしており、それを持っていかれてしまうと非常に悔しい

「返してくれなくてもいいから これ以上やらないで」

被害にあった男性の母親

販売している野菜を育てている男性の母親も悲しい気持ちだと話します。

被害にあった男性の母親:
ボケ防止にぼちぼちやっているけど、それを持っていくのはがっかりします。(お金を)返してくれなくてもいいから、これ以上やってほしくない

警察に被害届を提出

男性はすでに牧之原警察署に被害届を提出しています。

牧之原署管内では、3月に入り無人販売所で売り上げ金が盗まれる被害が他にも2件発生していて警察が捜査を進めています。

今回は売り上げが盗まれるケースでしたが、無人販売所で商品などが盗まれる事件も全国で相次いでいます。

無人販売はお互いの信頼で成り立っている部分もあります。

男性はこれまで1日1回売り上げ金を回収していましたが、1日に2回にして被害を軽減させる対策を講じたいと話していました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube