ニュース

プロ野球新球団「くふうハヤテ」開幕3連敗で歴史的初勝利ならず…赤堀監督「これからも温かい応援を」


プロ野球・ウエスタンリーグ静岡を本拠地とするくふうハヤテは初勝利を目指しオリックスと対戦しました。

シーズン開幕後初の日曜日の試合となった17日の1戦。
くふうハヤテは初回、1アウト3塁のチャンスで3番ブラウリオ・バスケス。詰まった当たりでしたがこれが内野安打となり幸先よく先制します。

同点に追いつかれた直後の2回2アウト2・3塁のチャンスで2番ジェリソン・バスケス。ここはピッチャーゴロに倒れ勝ち越しとはなりません。

一方、くふうハヤテの先発・奥田域太は毎回ランナーを背負いながらも粘りのピッチング。6回1失点と試合を作ります。

しかし、7回でした。この回からマウンドに上がった2番手・藤本が連打をあびて4失点。オリックスに勝ち越しを許します。

くふうハヤテはその後も度々チャンスを作りますが、得点につなげることはできず。開幕シリーズは3連敗で終わり初勝利はお預けとなりました。

くふうハヤテベンチャーズ静岡・赤堀監督:
ひとつひとつのアウトとストライクとったときに拍手をしてくれたりとか素晴らしい応援をしてもらえた。応援に対してまだ応えられていない部分があるがこれからもっと声援に応えられるようやっていきたいと思いますし、これからも温かい応援よろしくお願いします

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube