ニュース

静岡・熱海市「宿泊税」2025年4月から導入へ 満足度高い観光地へ…1人1泊200円


熱海市が導入を目指している宿泊税の条例案について市議会は14日、全会一致で可決しました。2025年4月から静岡県内で初めて導入されることになります。

熱海市の宿泊税は観光振興の財源として12歳以上の宿泊者から1人1泊200円を徴収するもので、市は年間およそ7億円の税収を見込でいます。

14日の市議会でこの宿泊税に関する条例案が全会一致で可決されました。

熱海市・斉藤栄市長:
観光施設は常に更新や新しい投資をし続けなければならないと思っておりますので、そういった満足度の高い観光地を宿泊税を使いながら目指してまいりたいと思っております

この宿泊税の導入について観光関係者は…

熱海温泉ホテル旅館協同組合・森田金清理事長:
お客様にプラス200円頂くということでその意味合いはしっかり説明していきたいと思っています。熱海はまた来たい町だとまた来たい温泉地だと思って頂けるようなソフト面・ハード面の充実を図っていきたい

熱海市は宿泊税について総務大臣の同意を得て2025年4月1日から導入する方針です。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube