ニュース

5日未明を最後に足取りが…浜名湖で男子高校生の遺体発見 体には外傷も 殺人事件と断定し捜査 静岡

遺体が見つかった現場付近(2月13日)

2月9日、静岡県湖西市に面する浜名湖の湖面に男子高校生が浮いているのを釣り人が見つけ、その後、死亡が確認された。県警は遺体の状況などから殺人事件と断定し捜査本部を設置。100人態勢で捜査している。

第一発見者は釣り人 警察に通報するも

現場を調べる県警の捜査員(2月13日)

「竿に人が引っかかった」

2月9日午後4時前、湖西市新居町中之郷に面する浜名湖で釣りをしていた男性から一本の通報が警察に入った。

警察からの連絡を受け消防が水難救助事案として出動し、陸へと引き上げたもののすでに心肺停止の状態で、その場で死亡を確認。消防はその後、遺体を警察に引き渡した。

司法解剖の結果から殺人事件と断定

捜査本部による会見(2月13日)

事態が大きく動いたのは13日。司法解剖を行った結果、県警は殺人事件と断定し捜査本部の設置を決める。

捜査本部によれば被害者は中国籍で袋井市に住む男子高校生(17)。通信制の高校に籍を置いていて、遺体は骨折こそしていなかったものの外傷があり、複数の皮下出血(あざ)も確認されたという。ただ、部位については「捜査に支障がある」として明らかにされていない。

一方で死因は溺死で、肺には水が溜まっていた。

遺体の発見から捜査本部の設置まで4日の時間を要したことに関して、県警刑事部の田中憲二 参事官は「その時点で事件かわからなかった。自殺も考えられる」と説明した上で、殺人事件と断定した理由については「被害者の行動や遺体の状況、遺体発見の経緯が判然としないことなどを総合的に判断した」と述べている。

現在のところ、遺体が見つかった付近が犯行現場なのか、流れ着いたのか、わかっていない。

「遊びに行く」と家族に告げ…

遺体が見つかった現場付近(2月13日)

県警がこれまでに把握している情報では、男子高校生は4日午後7時頃、家族に「遊びに行く」と告げて外出。翌5日未明には浜松市にある知人宅で複数の知人と会っていたことは判明しているものの、これが最後の足取りとなっている。家族からは7日午後に行方不明者届が出されているが、この間、男子高校生と連絡が取れていたのか、以前から何日も家を空けることがあったのかは今後話を聞いていくという。

ただ、少なくとも4日に外出する際には外傷やあざはなく、過去に家族から警察に対して男子高校生に関する家出等の相談もなかったそうだ。

加えて、イジメ等の相談についても「今の時点で把握しているものはない」という。

司法解剖では、解剖を行った13日の時点で「死後1週間程度が経過したとみて矛盾はない」との結果が得られていて、このため男子高校生は6日前後に死亡したと推定されるが、5日に会っていた知人について、田中参事官は複数人から話を聞いていることは認めた反面、「事件に関係があるのかないのか判然としない」との理由から、詳細な人数や関係性、性別について明言を避けた。

17歳の少年の身に何があったのか。県警が100人態勢で捜査している。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube