ニュース

犯罪認知件数が21年ぶりに増加 窃盗犯が急増 凶悪犯や風俗犯も コロナ禍明け人流増加が影響か 静岡


2023年の1年間に静岡県警察本部が認知した殺人や窃盗といった犯罪の件数は、特殊詐欺が減少に転じた一方、全体としては21年ぶりに増加しました。

県警によりますと2023年の刑法犯の認知件数は21年ぶりに増加し1万5612件でした。

中でも窃盗犯は前の年よりも1095件増えていて、全体の増加件数の8割あまりを占めているほか、凶悪犯や風俗犯の認知件数も過去10年で最も多くなっています。

一方で特殊詐欺の認知件数は前の年より63件少ない353件でした。

県警はコロナ禍が明け人流が増加したため 認知件数に影響を及ぼしたと分析しています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube