ニュース

豆腐に針を刺し「ご苦労さま」 静岡・富士宮市の神社で針供養


使い古した縫い針に感謝しようと、富士宮市の浅間大社で豆腐に針を刺して労をねぎらう針の供養が行われました。

針供養は裁縫などで硬い布ばかりを通してきた針を最後にやわらかい豆腐に刺して労をねぎらう江戸時代からの習わしです。

富士山本宮浅間大社には針を納める台が設置され、和裁や洋裁を学ぶ人たちが針を一本一本豆腐に刺して一生懸命働いてくれた針に感謝していました。

参加者:針がないと何も仕上がりません。この針にありがとう、ご苦労さまでした。
参加者:このような針の行事があることは日本人として誇らしい。長く続いてくれれば良い

供養された針は針塚に納められたということです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube