ニュース

いちご狩りシーズン到来!猛暑で出遅れも例年より甘い実が… ”章姫”に”紅ほっぺ” あと1つも 静岡

いちご狩りのいちご

「野菜嫌い」は居ますが「いちご嫌い」という人はほとんどいない気がします。ところが、農林水産省の分類では「いちごは野菜」なんだそうです。

それはさておき、世界各国で食べられている「いちご」。生食での消費量は日本が世界一だとも言われています。また、日本のいちごの品種は約300種もあり、世界全体の半分以上の品種が日本のものだという説もあるそうです。

そんな日本が誇る”果実的野菜”いちごの摘みたてのおいしさを味わえる「いちご狩り」が最盛期に入ったようなのでその話題をお伝えします。

いちご狩りシーズンは最盛期に入りました。

シーズン当初は猛暑の影響で、いちごの生育が遅れており心配されましたが、1月下旬取材に伺うとうれしい悲鳴が聞こえて来ました。

シーズン到来!予約殺到

江間いちご狩りセンター

ずら~っと並んだ人、人、人。大型の観光バスも次々に入ってきます。

江間いちご狩り組合・伊奈隆 組合長:
終わり、あと50人で(受付終了)。いちごさえあれば。本当に残念ですけどね

江間いちご狩りセンター

お邪魔したのは静岡県伊豆の国市の「江間いちご狩りセンター」。

取材した1月28日は受け付け開始から1時間ほどで当日の申し込みを終了。

好調だった2023シーズンを上回る勢いで予約が殺到しているといいます。

いちご狩りの来園者

カップルの来園者:
(男性)おいしいね、うまい
(女性)とってもおいしいです、めっちゃ

猛暑で出遅れも例年より甘い実が

いちご狩りの来園者

真っ赤に色づいたいちごを自分で選んで次々に口に運ぶ来場客。

こちらのいちご狩り園では14件の農家が90棟のハウスでいちごを栽培しています。

2024シーズンは12月15日に始まりましたが、半数の農家でオープンに間に合わなかったといいます。

伊奈 隆組合長

江間いちご狩り組合・伊奈隆 組合長:
2023年の夏、相当な猛暑で、秋も気温が下がらずにいちごの花芽がつくのが例年に比べると10日ほど遅くなったと

ヘタがひっくり返っている いちごを捜そう!

江間いちご狩りセンター

その理由は2023年に長引いた猛暑。

しかし、2024年に入り晴天が続いたため順調に育ち、例年に比べても糖度が高く甘いいちごが実っているそうです。

せっかくなら「よりおいしいいちごが食べたい!」ということで見分け方を教えてもらいました。

ヘタがひっくり返っているいちご

いちご農家・伊奈智登世さん
大きいこういうのとかおいしいと思います。ヘタがひっくり返っている。章姫は上まで真っ赤じゃなくても十分おいしい、ヘタがひっくり返って反っているような形がおいしい

紅ほっぺは上まで真っ赤に色づいた実がおすすめだそうです。

いちご狩りの来園者

江間いちご狩り組合・伊奈隆 組合長:
いちご狩りの醍醐味は自分で採ってお腹いっぱい食べること。完熟したいちごは市販のいちごと違って、本当に甘くておいしいものですから、召し上がっていただきたい

江間いちご狩りセンターでは2024年、2023年を大きく上回る8万人の来場を見込んでいます。

土日は混雑するため、平日がゆっくり楽しめるということです。

今シーズンの江間いちご狩りセンターの状況

江間いちご狩りセンターの今シーズンは2023年12月15日から始まったそうですが、夏の猛暑の影響で生育が遅れたためシーズン当初は、半数の農家が間に合わず10日ほど遅れた

ただ、2024年1月に入って晴天が多く、日光を十分に浴びることができたため例年より甘いイチゴが実っているそうです。

静岡生まれの”章姫”と”紅ほっぺ”を

”章姫”と”紅ほっぺ”の特徴

江間いちご狩りセンターでは”章姫”と”紅ほっぺ”、2種類のいちご狩りが楽しめます。

どちらも静岡県生まれのいちごです。

”章姫”は楕円の形で、果肉が柔らかく酸味は少なめで甘味が多いのが特徴です。
      
”紅ほっぺ”は「章姫」と「さちのか」の掛け合わせでできた品種で、章姫とは親子関係になります。コロコロした丸い形で章姫に比べ歯ごたえがあり、酸味も甘味もあるのが特徴です。

どちらもヘタがひっくり返っているような実がおいしいということです。

宮崎さんと小島さん

スタジオに章姫と紅ほっぺご用意しましたのでゲストの2人も召し上がって下さい。

女優・宮崎美子 さん:
いちご狩りは栃木でしたことがあります。それから、自分でもちょこっといちごの栽培やってます。章姫は爽やかな甘さね、柔らかで。紅ほっぺは歯ごたえと酸味が良いですね。こんなに味が違うなんて比べてみてわかりました

タレント・小島よしお さん:
いちご狩りは先週位に仕事で千葉の房総に行ってきました。紅ほっぺの方が大人の味ですね、おかわりください

江間いちご狩りセンターのいちご狩りについて

取材に伺った江間いちご狩りセンターのいちご狩り情報です。

”章姫”か”紅ほっぺ”のどちらかを選んで30分間食べ放題となっています。開園時間は午前9時から午後4時までです。

また、料金は期間により異なっていますのでご注意ください。

2月1日~3月31日  一般(小4以上)2,000円 子供(3歳~小3)1,700円
4月1日~5月5日  一般(小4以上)1,600円 子供(3歳~小3)1,300円

いちご狩りは5月初旬まで楽しめますが、2月~3月が最盛期ということです。

いちごに関する豆知識

いちごに関する豆知識

皆さん大好きないちごですが、農林水産省によれば日本で食べられるようになったのは江戸時代末期、1830年代と言われているそうです。
      
徳川家康公がまつられる久能の石垣いちごは有名ですが家康公は食べてないんです。

いちごの表面のつぶつぶは種ではなく果実。果実だと思って食べている甘い部分は、
茎の先端の花床(かしょう)が膨らんだ偽果(ぎか)と言うものだそうです。

ビタミンCが豊富で、みかんやグレープフルーツの約2倍。

ビタミンB群の葉酸も多く、ポリフェノールの一種アントシアニンも豊富なので、目の働きを高めたり眼精疲労を予防したりする効果も期待できるそうです。

イチゴ生産量

静岡県は石垣いちごなどが有名ですから生産量も全国トップクラスだと思いますが、何位だと思います?

女優・宮崎美子 さん:
確かに石垣いちごは有名だけど1位ではないと思う

タレント・小島よしお さん
7~8位くらいじゃないですか、1位は栃木とか福岡あたりでは?

ゲストの2人のおっしゃるとおり残念ですが1位ではありせん、それでは発表します。1位は栃木県、続いて福岡県。3位は宮崎さんのご出身・熊本県です。静岡県は全国第6位です。

”きらぴ香”も気になります

小松建太アナウンサー

生産量の次は品種についてみていきましょう。
       
静岡県生まれの品種としては”章姫”・”紅ほっぺ”・”きらぴ香”が有名ですが日本にはいちごの品種が約300種もあり、現在も各地で品種改良が重ねられています。

ちなみに”きらぴ香”は新しい品種で、2017年に品種登録されたものです。

また、最近は味や食感以外に色に関しても改良が重ねられ、白やピンク、深紅のいちごも出てきています。

女優・宮崎美子 さん:
きらぴ香も食べてみたいな、どんな味なんだろう

タレント・小島よしお さん:
僕はこの間、いちご娘さんが来た時に食べました、美味しかったですよ

これから少しずつ暖かくなり、お出かけにも最適なシーズンになっていくと思いますので、例年より甘いいちごを食べに是非 足を運んでみて下さい。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube