ニュース

スプリンクラーが突然作動して水浸しになった大ホール…3億5000万円かけて改修工事へ 静岡・裾野市

2022年、スプリンクラーが突然作動して水浸しになった静岡県にある裾野市民文化センターの大ホールについて、市は約3億5000万円をかけ改修工事に乗り出す方針を明らかにしました。

この問題は2022年9月 裾野市民文化センターの大ホールでスプリンクラーが突然作動して水浸しになったもので、大ホールは現在も利用できない状態となっています。

この問題について、裾野市の村田市長は8日の会見で大ホールの改修に向けた計画づくりの委託費用として1400万円あまりを2023年度の補正予算案に盛り込むことを明らかにしました。

裾野市・村田悠 市長:
市民の文化芸術の場として今後もしっかりと利用できるように、2月の補正予算で改修費の設計費用を上げさせてもらいます

今回の改修では以前から計画していた吊り天井の落下防止工事のほか、スプリンクラーの改修工事や濡れてしまった照明などの備品の更新を行う予定で、総額は約3億5000万円となる見込みです。

市は「早ければ2026年度内の再開を目指したい」としています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube