ニュース

バレなければいい?教職員による不祥事相次ぐ 根絶目指しコンプライアンス委員会 静岡


教職員による不祥事が相次ぐ中、静岡県教育委員会は有識者でつくるコンプライアンス委員会を開き再発防止に向け意見を求めました。

この委員会は不祥事の根絶に向け県教育委員会が設置しており、大学の教授やPTAの代表などがメンバーとなっています。

県教育委員会では免職6件を含む18件の懲戒処分(2023年度)をしており、委員からは「相談窓口の周知が足りない」「“バレなければいい”という気持ちがあるのでは」といった厳しい意見も寄せられていました。

県教育委員会・池上重弘 教育長:
体罰や不適切な言動について共通の理解を持つ、そういった環境づくりが必要だとよくわかりました

県教育委員会は2023年度中にわいせつ事案に絞った初動対応マニュアルを各学校に示すなどして、不祥事の根絶を目指したいとしています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube