ニュース

【熱海土石流】起点周辺の産業廃棄物の撤去へ…現土地所有者が着手 前所有者にも撤去を指導 静岡


静岡県熱海市の土石流で起点となった場所の北西側に残されている産業廃棄物について、県は現在の土地所有者による撤去作業が始まったと発表しました。

県によりますと2021年7月に熱海市伊豆山で発生した土石流の起点部分の北西側には、産業廃棄物が残っています。

2024年1月現在の土地所有者から県に撤去計画書が提出され、1月15日から廃棄物の掘り出しが始まったということです。

計画書では7月下旬ごろまでに現場の整地が完了する予定です。

一方で、撤去するのは今の土地所有者が土をかぶせた部分で、残りの部分について県は廃棄物を運び入れていた前の土地所有者に「措置命令も視野に引き続き指導する」としています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube