ニュース

静岡県内の高速道路の通行止めは全て解除 路面凍結に注意を 私立高校入試では開始時間遅らせる対応も


雪の影響にともなう静岡県内の高速道路の通行止めは、6日正午までにすべて解除されました。しかし山間部を中心に雪が残り、引き続き路面の凍結などに注意が必要です。

◆事故が県東部・伊豆で37件発生

前線を伴った低気圧の影響で県内でも山沿いを中心に雪が降り、県警察本部によりますと5日朝から6日朝までに、雪や凍結による事故が県東部・伊豆で37件発生しました。

また5日から一部で通行止めとなっていた県内の東名高速や新東名高速、それに中部横断道ですが6日正午までに通行止めはすべて解除されています。

御殿場市では最大で4cmの雪が積もり、すべらないように注意しながら歩く人の姿が見られました。

◆私立高入試の開始時間を1時間遅らせる

6日は県内39の私立高校で入学試験が始まり、受験生に付き添う保護者もいました。

受験生の保護者:
電車もかなり心配で、駅に着くまで正常に動いてるかわからなかった。駅に着いたら通常通りと表示があったのですごく安心しました

静岡市葵区の静岡学園高校では小雨が降る中、マフラーや手袋をつけた1200人あまりの受験生が会場に入り試験に臨みました。

県私学協会によりますと、長泉町の知徳高校では試験の開始時刻を1時間遅らせていますが、そのほかの高校では予定通り試験を実施しました。

私立高校39校の入学試験の平均志願倍率は2.34倍で、2月16日に合格発表が行われます。

―都内でも大雪警報が発表されましたが、影響はありましたか?

お笑い芸人・斎藤司さん:
福島で仕事だったのですが、福島は雨で東京に戻ったらすごく雪が積もっていました

都内では大雪の影響で100人以上が転倒などで救急搬送されています。

―引き続き注意が必要ですよね

精神科医・木村好珠さん:
女性で普段ヒールを履く方は注意して、こういう時のためにスノーブーツなど用意をしておいてほしいです。滑って頭を打つと大変危険なので気を付けてほしいです

気象台は路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube